2PMテギョン、ウヨンの「Heartbeat」布マスクに「コロナ時代を準備したもの」


  • スタートゥデイ

グループ2PMのテギョンが過去に授賞式の「Heartbeat」パフォーマンスでウヨンが眼帯の代わりに布マスクを使用した裏話を聞かせてくれた。

YouTubeチャンネル「文明特急」には10日「My Houseを見てここまで来た方?逆行が至急なあの時代の2PMレジェンド舞台を一緒に見た」というタイトルの映像が公開された。

公開された映像でMCジェジェはニックン、ウヨン、Jun.K、ジュノ、チャンソン、テギョンの6人メンバーと一緒に2PMの「カムヌンミョン(再びカムバックしても目をつぶってあげる名曲)を紹介する時間を持った。

この日、ジェジェは「Heartbeat」を選んだ理由について、「レジェンド舞台が多い」とし「特に(レジェンド舞台が)年末や授賞式でとても多い」と紹介した。

続いて「2010ソウル歌謡大賞」授賞式での「Heartbeat」パフォーマンス映像を見た2PMメンバーとジェジェは爆笑した。テギョンは上半身裸で鎖に縛られており、チャンソンはドライアイスの煙でいっぱいの透明なボックスに閉じ込められている。また、ウヨンは白く薄い眼帯をつけて登場する。

ジュノは「眼帯がなくて布マスクを利用したもの」とビハインドストーリーを公開した。

するとテギョンは「あの時からコロナ時代を準備していた」と冗談を言った。

続いて弓と弦のないバイオリンを演奏するニックンを見たウヨンは「本当にスマートな人で(パフォーマンスをしながら)顔を隠し続ける」と話し、Jun.Kは「後でどんな資料映像として残るのかすでに予想したのだ」とし、黒歴史となった映像からニックンが生き残ったと羨ましがった。

ウヨンは「僕はそもそも顔を覆った。誰が見ようと僕は目を隠す(という意味だ)」と美化して笑いを誘った。

  • 文明特急画面キャプチャ

  • スタートゥデイ イ・ジヨン インターン記者
  • 入力 2021-06-11 14:59:16