イ・サンウ、妻キム・ソヨンのキスシーンについての質問に「最初のころは少しだけ…」


  • スタートゥデイDB

俳優イ・サンウが妻キム・ソヨンに対する愛情を表わした。

去る13日に韓国で放送されたSBSのバラエティ番組『ティキタカ』にはイ・サンウがゲストとして出演した。

この日、MCのタク・ジェフンはキム・ソヨンと交際することになったきっかけについて質問した。

キム・ソヨンとドラマで共演したイ・サンウは「時間がかかった。酒の席を借りた。酒を飲むと勇気が出るから。チョン・チャヌ、ウィ・ヤンホ先輩とドラマが終わって酒を飲んでいたら、チョン・チャヌが電話をかけてくれた。それからキム・ソヨンと親しくなった」と明らかにした。

MCのキム・グラは「過去にトークショーで会ったことがあるが、トークの速度が速くなった」とイ・サンウを賞賛した。

イ・サンウは「消極的な性格が少しずつ良くなっている。ソヨンと一緒に暮らしているから、結婚してから良くなっている。妻はリアクションが上手で、表現をたくさんしてくれる。たくさんのことを学んでいる。おかげでたくさん変わった」とキム・ソヨンに感謝した。

SBSの金曜ドラマ『ペントハウス3』でシーズン1と2に続きチョン・ソジン役で熱演中のキム・ソヨンについての質問も登場した。

結婚生活をしながらチョン・ソジンの表情を見たことがあるのかというMCの質問にイ・サンウは「すべて見たことがある。お互いの鏡となっている。どんどん良い人間になっているようだ」と妻への愛情を誇った。

オム・ギジュンとのキスシーンについての質問にイ・サンウは「最初のころは少しだけ部屋に入っていたが、今は顔を軽くそらす程度」と言って笑いを誘った。

一方、SBSのバラエティ番組『ティキタカ』は毎週日曜日午後11時5分に放送される。
  • スタートゥデイ キム・ジェウン インターン記者
  • 入力 2021-06-14 10:12:08