パク・ソジュン「キャプテン・マーベル」続編に出演か 事務所はノーコメント


  • スタートゥデイDB

俳優パク・ソジュンが『キャプテン・マーベル』の続編に出演するのかに関心が集まっている。

パク・ソジュンの所属事務所は15日、スタートゥデイにパク・ソジュンの『キャプテン・マーベル』続編出演について「ノーコメント」と発表した。

先立って、あるメディアはパク・ソジュンが今年初めに原題が『ザ・マーベルズ』に確定した『キャプテン・マーベル』続編への出演提案を受けて、内部検討を終えたと報じた。また、パク・ソジュンが現在進行中の映画『コンクリート・ユートピア』の撮影が終わる今年下半期、『ザ・マーベルズ』の撮影のために米国に出発する予定だと伝えた。

マーベル初の女性ヒーローソロムービーである『キャプテン・マーベル』は2019年に公開され、韓国だけでも580万人の観客を動員するなど、多くの愛を受けた。 『ザ・マーベルズ』はブリー・ラーソンが前編に続いてキャプテン・マーベル役で出演する。

『Candyman』リブートを演出したニア・ダコスタ監督がメガホンをとることが分かった。先立って、ニア・ダコスタ監督は自身のツイッターにパク・ソジュンの写真をアップして「ドラマ彼氏」というツイートを残したことがある。

果たしてパク・ソジュンが『ザ・マーベルズ』に出演するのかに関心が集まっている。

『ザ・マーベルズ』は2022年11月11日、北米で公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-06-15 10:35:16