防弾少年団、2日間のオンラインファンミーティングで790億ウォンの売上


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団(BTS)がオンラインファンミーティング「BTS 2021 MUSTER 小宇宙」を盛況のうちに終えた。2日間行われた今回の公演で防弾少年団はなんと700億ウォン(約70億円)を遥かに超える売上を記録した。

防弾少年団は去る13日と14日にデビュー8周年を記念するファンミーティング「BTS 2021 MUSTER 小宇宙」をオンラインストリーミングで開催した。防弾少年団は毎公演ごとに130分間、15曲を熱唱して、世界中のARMYと一緒にフェスティバルを楽しんだ。

所属事務所Big Hit Musicによると、2日間で合計195カ国/地域から合計133万人の観客がこの公演を視聴した。ショーのチケットの価格は一回当たり4万9500ウォン(HD)、5万9500ウォン(5K)で、チケットの販売売上だけで最低658億3500万ウォンから最高791億3500万ウォンに至ったと予想される。Big Hit Musicは、単純に2日間の防弾少年団オンラインストリーミング公演だけで700億ウォンを遥かに超える売上を達成したわけだ。ここに防弾少年団の公式応援ライトであるARMY BOMBなどをはじめ、各種グッズ販売売上まで加えると800億ウォン以上の売上になったと推定される。

「BTS 2021 MUSTER 小宇宙」はライブ公演の基本に忠実な音響、カメラ演出でオンラインコンサートとは差別化された開放感とライブ感を加えた。ファンが直接6つの画面の中から見たい画面をリアルタイムで選択して鑑賞できる高画質マルチビューをはじめ、「ARMY Signals」、「ARMY IN ECHO」、「ARMY on Air」など様々な技術で観客を満足させた。

今回の公演は野外ステージからオールライブ方式で行われ、オンラインストリーミングの物足りなさの中でも鮮やかな臨場感を伝えることができたという評価を受けた。

  • スタートゥデイDB

一方、14日、米国ビルボードによると防弾少年団は2曲目の英語の曲「Butter」でビルボードシングルチャート「ホット100」で3週連続1位を獲得した。防弾少年団が同チャートで3週連続1位を記録するのは初めてのことだ。このニュースを受けてこの日の午前、所属事務所の親会社であるHYBEの株価も4日連続で上昇曲線を描き、上場当日である昨年10月15日以来の30万ウォン台再進入を目前にしている。14日の終値基準、HYBEの時価総額は10兆ウォンを超えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-06-15 10:44:28