「輝く瞬間」コ・ドゥシムとチ・ヒョヌ、年齢を超えた破格のロマンス


  • スタートゥデイ

コ・ドゥシムとチ・ヒョヌが年齢を越えたロマンスを披露する。

14日午後、ソウルCGV龍山アイパークモールで映画『輝く瞬間』の試写会および記者懇談会が開かれた。ソ・ジュンムン監督とコ・ドゥシム、チ・ヒョヌが参加した。

『輝く瞬間』は済州島の海女ジンオク(コ・ドゥシム)と彼女を主人公にドキュメンタリーを撮るPDギョンフン(チ・ヒョヌ)の特別な愛の物語だ。

第25回釜山国際映画祭「韓国映画の今日 - パノラマ」部門に招待され、第16回済州映画祭開幕作に選定された。

『輝く瞬間』では済州島の海女役のコ・ドゥシム(70)とギョンフン役を演じたチ・ヒョヌ(37)が年齢を越えたロマンス演技を披露する。

ソ・ジュンムン監督は「この映画はコ・ドゥシムがいなかったら制作されていなかっただろう。プロデューサーと我われが先生を迎えるために悩んだ。見方によっては小さい映画に大物女優が出演してくれるのか疑問だった。私には唯一の女優だった。セリフも済州の方言が必要で、それを飾らずに進めたかった。ところが先生にお会いするときには何も話すことができなかった。大俳優を自分の目で見たから。じっと顔を見たら少女的で、私が映画で作りたいポイントを完璧に持っていらっしゃり、この映画はコ・ドゥシムでなければならないと感じた。すぐにキャスティングする必要があると圧迫した。プロデューサーが苦労した。先生も私たちの気持ちを知って、シナリオを良く評価してくれた」と感謝の気持ちを表わした。

続いて「チ・ヒョヌも勇気のある選択が必要だった。率直に言って私たちは最初は容易ではないだろうと考えた。より困難なキャスティングだった。シナリオを見た直後にやりたいと話してくれて嬉しかった。シナリオを受け取るとるとすぐに済州に向かった」と賞賛を惜しまなかった。

コ・ドゥシムは「映画監督と会って、済州島といえばコ・ドゥシムであり、コ・ドゥシムの顔が済州島の景色という言葉を聞いて拒否することができなかった。最初は若い子とのロマンスはできそうになかった」と話した。

また、コ・ドゥシムは「チ・ヒョヌと年齢差がある。大韓民国で俳優生活をしながらロマンス作品への物足りなさ、渇きのようなものがあった。このようなロマンスが入っている、破格的な年齢を超越した役なのでとてもたくさん考えた。若い子が年配の俳優と共演しようとするだろうか。ところがチ・ヒョヌが出演すると言った。外的に見ればか弱いようでも、撮影時の姿はまた違う。私に会って変わったのか知りたい。この俳優と呼吸を合わせながら、内面に入って行くほど男性的な強さを見せてくれて、一人でもよく遊び、様々部分に魅了されたようだ」と賞賛を惜しまなかった。

チ・ヒョヌは「台本を受け取ったときによく書けていると思った。ところが映画を見た観客たちがこの気持ちを理解してくれるのだろうかと思った。私がその当時、演技について悩みが多かった。先生と共演できるなら、演技に対する疑問符のポイントを先生と演技しながら理解できるのではと思った。先生と共演しながら頼ったり、友達のようにリラックスして撮影した。昨年の2カ月間は幸せだった」と告白した。

チ・ヒョヌはコ・ドゥシムについて「撮影しながら本当に尊敬した。先に近づいて、先に差し伸べてくださる。スタッフが不便がるのではと先に近付いていく姿を見て見習いたいと思った。少女のような面がある。そのような面を見ながら自然と演技することができた」と付け加えた。

最後にチ・ヒョヌは「愛について考えてみることができる時間になってほしい」と伝えた。ソ・ジュンムン監督は「生きていたら生きられるというセリフがあるが、映画を通して慰められてほしい」と話した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-06-15 13:43:13