防弾少年団ジミンのファンダム、デビュー8周年記念に動物保護の寄付


  • 写真:JIMINDATA

グループ防弾少年団(BTS)デビュー8周年を祝う中、ジミンのファンダムが意味のある動物保護の寄付で心温まる感動を与えた。

ジミンのファンベース「JIMINDATA」は今月13日、SNSに「ジミンのデビュー8周年を記念し動物に対する愛情と感謝を称えるために絶滅の危機に瀕したシベリアトラ(韓国の動物)とアフリカサイを「ワールドワイドファンド」(World Wide Fund for Nature、世界自然保護基金)を通じて養子縁組することを決めた」と発表した。

今回の養子縁組は、昨年デビュー7周年を祝う「ワールドワイドファンド」を通じてキリンを養子縁組したのに続き野生動物保護に乗り出したもので、さまざまな善行で模範を示した。

  • 写真:JIMINDATA

JIMINDATAが養子縁組することにしたアフリカサイとシベリアトラは密猟と生態系破壊、地球温暖化により生息地の減少により深刻な絶滅危惧種に分類され保護されている。

JIMINDATAは普段から動物愛が格別なジミンについての映像を共有し「動物の映像をよく見ます。その映像を見ると癒やされます」と明らかにしたインタビューとともに動物と交感するジミンの善良な姿を公開した。

新人時代の海外番組『アメリカン・ハッスル』の海外ロケ地に現れた警戒心の強い黒猫がひたすらジミンに近づく姿、ジミンのソロ曲「Serendipity」のミュージックビデオ撮影現場で初めて会った敏感な三毛猫に「引っかかれるかもしれないから気をつけろ」という主人のアドバイスにも「大丈夫」と近づき優しい手で触れ合いをする姿が収められている。

  • 写真:JIMINDATA

防弾少年団の旅行番組『BON VOYAGE 4』のニュージーランド編でキャンプ場と宿舎で初めて会った子犬たちがジミンに気兼ねなく近寄り信頼と服従を意味するお腹を見せて愛嬌を見せる姿とエイを撫でながら交感する姿も収められている。

これに先立ちJIMINDATAは動物保護だけでなくパレスチナの青少年たちに人道的支援を提供しているパレスチナ児童救護基金(Palestine Children's Relief Fund, PCRF)とセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)にジミンの名前で寄付するなど世界の隅々に温かい気持ちを伝えた。

一方、防弾少年団は13日と14日、デビュー8周年を記念するオンラインファンミーティング「BTS2021マスター(MUSTER)小宇宙」を盛況裏に開催した。防弾少年団は公演毎に130分間、15曲を熱唱し全世界のARMYとともにフェスティバルを行った。所属事務所のBig Hit Musicによると、同公演は2日間、計195か国や地域で計133万人あまりが視聴した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-06-16 09:59:17