「異性接近禁止」の貼り紙 韓国一の難関大学に合格したイ・ヘソンが高校時代振り返る


  • スタートゥデイDB

タレントのイ・ヘソンがソウル大学に行くため、異性との接触を避けていたことを明らかにした。

イ・ヘソンは去る14日、自身のYouTubeチャンネル「ヘソンイ」に「また戻っても絶対NEVERできなさそう 高校生のときのノートを見ると涙が出る理由 ヘソンの勉強エピソード 2部」というタイトルの映像を公開した。映像でイ・ヘソンは母校であるソウル大学を訪問して自分の勉強の秘訣を紹介した。

イ・ヘソンは勉強にまい進していた時代に自分のことを好きになってくれた男の子がいたと明らかにした。

これにイ・ヘソンの姉はイ・ヘソンがオールバックにメガネ、髪がぼさぼさのまま歩き回ったのに好きになってくれた人がいたのかと驚いた。

イ・ヘソンは「複数のクラスが混ざっている夜間自習室が別にあった。夜遅くまで勉強したい熱血学生のための学習室だった」と過去を回想した。イ・ヘソンは「トイレに行って戻ってみると席に選手のサインが書かれた野球ボールあった。「誰がくれたんだろう?」と思っていたら、周囲がすごくうるさくなり、男の子たちが集まって来て、ある男の子をからかい始めた」と話を始めた。

イ・ヘソンは「(からかわれている)男の子が私の机の上に野球のボールを置いていったものだった。その男の子の友達が「イ・ヘソンが好きなのか」とからかっていた。でも私は休み時間にも3Mの耳栓をして勉強していたほどだったのに、周囲が騒がしくなって頭の中が真っ白になった」と予想外の騒々しさに戸惑ったと明らかにした。

続いて「その男の子の友達たちのせいで、A4サイズの用紙を半分に折って、赤ペンで「異性接近禁止」と書いた後に机の前に立てかけた。それを置いてからは本当に嘘のように誰も近づいてこなかった」と勉強のために異性との接触も避けていたことを明らかにした。

イ・ヘソンは「ある日、校長先生が監督のために夜間自習室に来られて紙を見て驚いて質問してきた。ところが私は恥ずかしくて何も言えなかった。また母親が保護者の集まりでこの話を聞いてきた。母親たちの間でも噂になった」と話した。

イ・ヘソンの姉が男の子が傷ついたのではと話すと、イ・ヘソンは「好きになってくれる気持ちはとてもありがたいけど、周りの友達がとても勉強を邪魔するようだった。後で受験が終わってクリスピードーナツで会った。私は「野球のボールのプレゼントに感謝したと、申し訳なかった」と話した」と謝罪したことを明らかにした。

イ・ヘソンは「大学受験が終わって前髪も切ってレンズもはめて化粧もしたけど、その男の子は昔、ひたすら勉強するときの私の姿がもっと可愛かったらしい」とし「本当にありがたかった。まだ思い出す」と思い出に浸った。

イ・ヘソンはソウル大学の経営学科を卒業した秀才で、KBSアナウンサーとして働いてから退社、フリーランスになった。KBSアナウンサーの先輩でもあるチョン・ヒョンムと公開恋愛中だ。
  • スタートゥデイ イ・ジヨン インターン記者
  • 入力 2021-06-16 13:40:39