チャ・ウヌ&シン・ソンロク、「チプサブイルチェ」手紙を読みながら涙?


  • 写真:SBS

『チプサブイルチェ』では、シン・ソンロクとチャ・ウヌの最後の旅が公開される。

20日に放送されるSBS『チプサブイルチェ』ではチャ・ウヌとシン・ソンロクが最後に一緒に過ごす5人のメンバーの思い出の旅が公開される。

同日の放送には、イ・ジャンヒに会った鬱陵島(ウルルンド)で別れを告げる5人の男の最後の旅行が繰り広げられる。メンバーたちは鬱陵島のいたるところで一緒に自撮りをしたり、カヤックに乗って景色を見物したりする途中、相手の櫓を奪って怒らせるなど、普段のように楽しいコンビネーションを披露しながら思い出を作った。

さらに、2年近く友情を深めてきたメンバーたちは、これまで口に出せなかった本音を打ち明ける時間を持った。最後の旅行であることを実感したメンバーたちは、最初は簡単に話すことができなかったが、その後、率直な話を通じて、お互いに対する心を淡泊に伝えた。

特に、シン・ソンロクとチャ・ウヌはメンバーにそれぞれ「実感がわかない」、「簡単にできない一人の弟になります」と別れの感想を告白し現場にいたみんなの目頭を熱くしたという。

また、チャ・ウヌは「兄さんたちとの最後の旅行」を記念するため、タイムカプセルを準備した。このため、メンバーたちは再び会う2041年を約束し鬱陵島にタイムカプセルを埋めたという。果たしてタイムカプセルに込められたメンバーたちの 大切な思い出が何なのか、期待を集めている。

『チプサブイルチェ』5人のメンバーの最後が盛り込まれた思い出の旅は20日午後6時25分放送で公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-06-20 10:14:44