パク・ミニョン&ソン・ガン&ユン・バク&ユラ、新ドラマ「気象庁の人たち」出演確定


  • 各所属事務所

パク・ミニョン、ソン・ガン、ユン・バク、ユラが気象庁で働く人々の仕事と人生を描いたJTBCの新しいドラマ『気象庁の人たち:社内恋愛残酷史編』出演を確定した。

JTBCの新しいドラマ『気象庁の人たち:社内恋愛残酷史編』は熱帯夜より熱く、ゲリラ豪雨より予想できない気象庁の人々の仕事と愛を描いた職場ロマンスドラマだ。

日常と最も密接している天気を知らせる機関だが、どんな人たちがどのように働いているのかあまり知られていない未知の空間、気象庁を背景に描かれるドラマという点で期待が高まっている。

何よりも作家、監督、俳優の組み合わせが完璧だ。

先立ってJTBCの最高視聴率を記録した『夫婦の世界』をはじめ、『ミスティ ~愛の真実~』、『僕は彼女に絶対服従〜カッとナム・ジョンギ 』など話題作を次々と誕生させたカン・ウンギョンクリエイターとクルLine所属のソニョン作家が脚本の執筆を引き受けた。また、昨年、百想芸術大賞テレビ部門大賞を受賞した『椿の花咲く頃』を演出したチャ・ヨンフン監督が演出を引き受けた。さらにラブコメの女王パク・ミニョンと旬の俳優ソン・ガン、完璧なキャラクター再現率を誇るユン・バクとユラのキャスティングニュースまでが加わった。

まず、パク・ミニョンは気象庁総括2課の総括予報官「チン・ハギョン」役を引き受ける。ハギョンは仕事なら仕事、自己管理なら自己管理、すべてを完璧にこなすしっかり者で、公私をはっきりと分けて対人関係さえも断捨離するクールな女性だ。原則主義とすべての人間関係に線を引く性格のおかげで気象庁内では「自発的アウトサイダー」として通じる。しっかりとした演技力で作品ごとに視聴者たちの脳裏に永く残るキャラクターを作ってきたパク・ミニョンと「チン・ハギョン」の高いシンクロ率がすでに頭の中に描かれ、期待が膨らむ。

気象庁総括2課の特報担当「イ・シウ」役は俳優ソン・ガンが演じる。シウは枠にはまらない思考と誰にも止められない自由な性格の持ち主だ。考え方も心遣いもとても人間的な彼のIQはなんと150。本気になれば何でもできる彼だが、関心はひたすら天気だけだ。止められない魅力で視聴者を虜にするソン・ガンが初挑戦する「会社員」役に期待が集まっている。

ユン・バクは気象庁の代弁人室の通報官「ハン・ギジュン」を引き受け、「エリート」キャラクターを演じる。すっきりとした外見と同じくらい論理整然としたキジュンは説得力に優れた人物。新入時代、予報局の総括チームで苦戦を強いられている理由を流暢に表明して代弁人室に電撃スカウトされた。しかし、一生を優等生として生きてきたためか、失敗に対する耐性は弱い方だ。賢くスマートなユン・バクだけの魅力が引き立つキャラクター誕生が予想される。

最後にユラが演じる「チェ・ユジン」は日刊紙の気象専門記者だ。スクープ事件現場を飛び回って記事を送稿する素敵な姿を想像しながら報道機関に入社したものの、ユジンが配置された場所は「天気と生活チーム」。最初は退屈そうに思えたが、予想できない天気と事件・事故が後を絶えない気象庁に愛情を持つようになる。好き嫌いがはっきりしていて、何事においても中間のない記者役にユラだけの豪快で元気な魅力を加えて、新鮮なキャラクターが完成されると予想される。

制作陣は「台本練習を始めてすぐに撮影に突入する予定だ。完璧な作家、監督、俳優の組み合わせがどのような相乗効果を生むのか、制作陣も期待が高い。今年の夏に熱く準備して、最高の作品でお目にかかりたい」という覚悟を伝えた。『気象庁の人たち:社内恋愛残酷史編』は来年上半期、JTBCで放送される。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ
  • 入力 2021-06-21 09:10:15