トップ > エンタメ > ソ・イングク、ドラマOSTで3年ぶり本業の歌手に 作詞・作曲に参加

ソ・イングク、ドラマOSTで3年ぶり本業の歌手に 作詞・作曲に参加


  • ソ・イングク、ドラマOSTで3年ぶり本業の歌手に 作詞・作曲に参加
  • Music&New

ソ・イングクがtvNの月火ドラマ『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』のOSTに参加した。

ソ・イングクが歌った『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』最後のOST「Distant Fate」が22日午後6時、各種音源サイトを通じて公開される。

「Distant Fate」はソ・イングクが約3年ぶりに発売する音源で、久しぶりに本業に復帰するソ・イングクが直接作詞・作曲まで引き受けてより一層話題を集めている。

ここにIUの「Good Day」、「Nagging」、「YOU&I」、イ・ソンヒの「Meet him among them」など、多数のヒット曲で大衆から多くの愛を受けてきたキム・イナが作詞に一緒に参加して曲の完成度を高めた。

「Distant Fate」は超越的な存在である滅亡(ソ・イングク)のドンギョン(パク・ボヨン)に対する感情の叙事を完璧に表現した曲で、切なく苦しい一人の男の気持ちを伝える。この曲はソ・イングクのボーカルと最小限の楽器が調和して、切なくも淡々と気持ちを伝える。

ソ・イングクは2009年、Mnet『スーパースターK』で優勝して大衆に顔を知らせた。以後、多数のヒット曲を発表して歌手として愛された。

2012年、tvN『応答せよ1997』に出演して俳優としての存在感を知らせたソ・イングクは『主君の太陽』、『ナイショの恋していいですか!? 』、『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』など、様々な作品に出演して安定した演技力を見せた。最近、ドラマ『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』で主人公の滅亡役を演じたソ・イングクは冷たさと暖かさを行き来する魔性の温度差で愛されている。

tvN月火ドラマ『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』は消えるすべてのものの理由となる存在、滅亡(ソ・イングク)と消えないために命をかけて契約した人間ドンギョン(パク・ボヨン)のファンタジーロマンスだ。

一方、ソ・イングクが歌った『ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた』最後のOST「Distant Fate」は22日午後6時に公開される。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-06-22 08:05:29