トップ > エンタメ > スターニュース > 故チョン・ミソンさん、突然の悲報から2年 あまりにも早かった

故チョン・ミソンさん、突然の悲報から2年 あまりにも早かった


  • 故チョン・ミソンさん、突然の悲報から2年 あまりにも早かった
  • スタートゥデイDB

故チョン・ミソンさんが亡くなってから2年が経った。

故人は2019年6月29日午前11時43分ごろ、全羅北道全州市のホテルで遺体で発見された。享年48歳。

マネージャーがホテル側の了解を得て部屋に向かい、チョン・ソミンさんを発見して通報したがすでに亡くなった後だった。チョン・ミソンさんは普段からうつ病で治療を受けていたことが分かった。

特に故人は死亡する4日前、映画『王の願い ハングルの始まり』の制作報告会に出席して明るい姿を見せていた。また、チョン・ミソンさんは演劇『母と2泊3日』の舞台に立つ予定で、KBS2の月火ドラマ『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』出演を確定した状況だったので、さらに大衆を驚かせた。

故チョン・ミソンさんはデビュー30年目の中堅女優で、1989年、高校3年生のときにKBSドラマ『土地』でデビューして以来、演劇やドラマ、映画『恋愛』『8月のクリスマス』『殺人の追憶』など、多数の作品で演技を続けてきた。

故人の遺作は映画『王の願い ハングルの始まり』だ。

チョン・ミソンさんは2006年12月、一歳年上の映画撮影監督パク・サンフンと結婚した。パク・サンフンとチョン・ミソンさんには息子が一人いる。
  • スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-06-29 06:01:03