有名アイドルグループのメンバー、プロポフォール違法投薬で罰金刑に


  • スタートゥデイDB

有名ガールグループのメンバーAさんが今年初め、プロポフォール投薬で罰金刑を下されていた事実が一歩遅れて明らかになった。

去る25日、水原地裁刑事控訴3部(キム・スイル部長判事)は薬事法違反、麻薬類管理に関する法律違反、医療法違反の疑いで起訴された整形外科医の医師Bの控訴審宣告公判を開き、原審と同じ懲役1年6カ月に罰金300万ウォンを宣告し、920万ウォンの追徴を命じた。

Bは有名ガールグループのメンバーAなどにエトミデートを販売した疑いで起訴された。エトミデートはプロポフォールと同様の作用をする注射剤だが、麻薬類に指定されていない。

Bは、Aなど4人にプロポフォールを投薬して診療内容をカルテに記載していない疑いも受けている。

Aはエトミデートが麻薬に指定されていないことから拘束されておらず、Bから4回に渡ってプロポフォールの投薬を受けた容疑について「治療目的だと思っていた」と供述したという。証拠も十分ではないことから処罰を受けなかった。

しかし、Aはこれとは別に2019年7月から8月の間にプロポフォールを投薬した容疑で摘発され、罰金100万ウォンに略式起訴され今年の初めに刑が確定した。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-06-30 11:21:14