ソン・ジュンギが感染者と接触し隔離スタート 映画「ボゴタ」撮影中断


  • HiSTORY D&C

俳優ソン・ジュンギが新型コロナウイルス感染者と接触し、自宅隔離を始めた影響から、映画『ボゴタ』の撮影が一時中断される。

映画『ボゴタ』側は2日、公式報道資料を通じて「最近、出演俳優が外部で感染者と接触した事実が確認され、保健当局の連絡前に自発的に検査を受け陰性判定を受けた。その俳優は直ちに予防的隔離を始めた」と明らかにした。

続いて「制作陣は俳優の感染者接触の事実を認知した後、安全のために当日は撮影を進行せず、すべての関係者は先制的にコロナ検査を受けている」とし「『ボゴタ』は俳優と現場スタッフの健康と安全が維持されると判断される時点まで撮影を停止し、新型コロナ拡散防止のために努力する」と説明した。

また、『ボゴタ』側は「制作陣は防疫当局の措置に積極的に協力して、より徹底した準備で安全管理に万全を期して撮影を再開する予定」と付け加えた。

先立ってソン・ジュンギの所属事務所HiSTORY D&Cは「先月30日、ソン・ジュンギの周辺関係者が新型コロナ感染の判定を受けたという連絡を受け、すぐにすべての日程を停止して先制的に検査を行った」とし「その結果、陰性の判定を受けたが後の疫学調査で密接接触者に分類され、自宅隔離通知を受けた」と発表した。これによりソン・ジュンギは予定されたスケジュールを中断し、防疫当局の指示に基づいて隔離を行うことになった。

一方、キム・ソンジェ監督の次作『ボゴタ』はコロンビアのボゴタを背景に繰り広げられる立体的でダイナミックな物語だ。俳優ソン・ジュンギ、イ・ヒジュン、クォン・ヘヒョなどが出演する。

昨年1月にコロンビアでクランクインした後、3月に新型コロナの影響で撮影を中断していた『ボゴタ』は既存の撮影分をもとに全体プロダクションを再整備した。以後、先月21日に韓国で撮影を再開している。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-02 15:57:42