カン・ダニエル、女性ダンサーサバイバル番組「Street Woman Fighter」のMCに抜擢


  • Mnet

歌手のカン・ダニエルが『Street Woman Fighter』のMCを務める。

『Street Woman Fighter』(演出チェ・ジョンナム)はMnet初の女性ダンスクルーのリアルサバイバル番組だ。韓国を代表する女子ダンスクルー8チームが出演し序列1位のグローバルKダンスクルーになるための一寸の譲歩もない戦いを繰り広げる。

女性ダンサーたちが披露するガールズヒップホップ、ワックダンス(WAACK)、ロッキング、クランピング(Krumping)、ブレーキングなど多様なジャンルのストリートダンスが今年の夏を襲う予定だ。『ダンシング9』、『HIT THE STAGE』、『SOMEBODY』など様々なダンス番組を演出してきたチェ・ジョンナムPDが演出を担当し女子ストリートダンスジャンルの大衆化の先頭に立つ。

『Street Woman Fighter』のMCとしてはカン・ダニエルの出演が決まった。カン・ダニエルは自他共に認める芸能界の代表ダンサーであり、ダンスに対する格別な愛情を持っているアーティストだ。学生時代に校内のビー・ボーイング (B-boying)の部活動を皮切りに本格的にビー・ボーイングに入門、以後現代舞踊まで専攻し洗練された感覚的なダンスの実力を誇っている。

実際に高校時代にはビー・ボーイングの先生として後輩たちに活動しストリートダンサーとして活躍しながらダンスバトルの経験もあり、女子ダンサーたちのリアルなサバイバル番組『Street Woman Fighter』のMCとして適任者になることが期待される。

『Street Woman Fighter』でレギュラーMCに挑戦するカン・ダニエルは「トップクラスのダンサーの舞台を間近で見られるだけでわくわくする。MCという特別な役割を務めることができて光栄に思う、アーティストとして私も経験を共有しながら最高の舞台を作るのに力になりたい」と抱負を伝えた。

番組を担当するクォン・ヨンチャンCPは「K-POPの地位が世界的に高くなっており、その中心にはK-POPダンスがあると思う。K-POPの振り付けを作ってリードしているダンスクルーをK-POPグローバルファンに披露したかった」と企画の意図を紹介した。

Mnet『『Street Woman Fighter』は8月中旬に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-07-05 11:43:28