防弾少年団、「Butter」米ビルボード「HOT100」6週連続1位


  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団(BTS)が2曲目の英語曲「Butter」で米ビルボードシングルチャートで6週連続1位を記録した。

6日(現地時間)、ビルボードは防弾少年団の「Butter」がメインシングルチャートの「HOT100」最新チャート(7月10日付)で1位を記録したと発表した。

これで防弾少年団は6月5日付けのチャート1位に続き、12日、19日、26日、7月3日に続き6週連続でトップとなった。

これは「Butter」で打ち立てたビルボード「HOT100」5週連続1位の記録を超えた新記録だ。防弾少年団はアジア歌手として該当チャートで引き続き初の記録を立てている。

ビルボードによると「Butter」は7月1日まで米国現地でストリーミング回数1100万回とダウンロード数15万3600回(カセットテープとビニル販売量含む)を記録した。ラジオ放送の聴取者数は7月4日まで2830万人を記録した。

5週連続1位を記録した6月27日までの週間集計基準ラジオ放送聴取者数2,760万人に比べても増加した数値だ。ストリーミングの回数は1240万回に比べやや減ったものの、ダウンロード数は直前の週の12万8400回に比べ増加した。

防弾少年団に続き2位は米国の歌手オリヴィア・ロドリゴの「good4u」、3位はドージャ・キャットの「Kiss Me More」がそれぞれ占めた。イギリスの歌手エド・シーランの最新曲「Bad Habits」は5位にランクインした。

  • ビルボード公式SNS

「HOT100」は音源の販売量とストリーミング数値、ラジオ放送回数の合算点数を土台にした週間米国現地で最も人気を博した歌順位を付けるメインシングルチャートだ。メインアルバムチャートの「ビルボード200」と共にビルボード2大メインチャートに挙げられる。

「Butter」は昨年初めて発表した英語曲「Dynamite」の記録を早くも更新した。「Dynamite」は「HOT100」でホットショットデビューしてから2週目まで1位を記録し、3、4週目で2位に下がった。以後、5週目に再び1位になり通算3回「HOT100」1位の記録を立てた。

「Butter」で「Dynamite」が打ち立てた連続1位記録を早くも塗り替えた彼らは通算記録まで塗り替えるのに成功した。

この日、「HOT100」で1位を占め、防弾少年団は通算11回目の「HOT100」で1位を記録した。

「Dynamite」(3回)、フィーチャリングで参加した曲「Savage Love」のリミックスバージョン(1回)、韓国語曲「Life Goes On」(1回)、「Butter」(6回)だ。

防弾少年団の所属事務所Big Hit Music側は、公式SNSを通じて 「ARMYの皆さんと一緒に歴史を書いている防弾少年団の「Butter」、6週間、無限の愛を 送ってくださってありがとうございます! 」とし「防弾少年団の音楽に送ってくださる変わらぬ関心と愛に心から感謝する」と伝えた。

また、防弾少年団は今月9日午後1時(韓国時間)、シングルCD「Butter」を発売し、新曲でカムバックする。新曲「Permission to Dance」にはエド・シーランが参加したと伝えられ期待を集めている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-07-07 01:08:35