防弾少年団、6週連続でビルボード「ホット100」1位 勢い止まらず


  • BigHit Music

グループ防弾少年団が「Butter」で米国ビルボードのメインシングルチャートである「ホット100」で6週連続1位を守り、名実共に21世紀のポップアイコンであることを再び証明した。

米国ビルボードは6日(現地時間)、公式ホームページに掲載した記事で防弾少年団が5月21日に公開したデジタルシングル「Butter」で6週連続で「ホット100」(7月10日付)1位を獲得したというニュースを発表した。6月5日付の「ホット100」チャートで初登場1位を記録した後、なんと6週連続でトップを守っている。

ビルボードはMRCデータを引用して「「Butter」は7月1日までの週間集計で、米国内のストリーミング回数1100万件、ダウンロード数15万3,600件を記録した。7月4日までのラジオ放送リスナー数は2830万と集計された。これは直前の週間集計より2%増加した数値」と説明した。また防弾少年団は「デジタル・ソング・セールス」チャートでも最初の週から6週連続1位を記録している。

米国メディアのヘッドラインプラネット(Headline Planet)はビルボード「ホット100」チャート発表直後、防弾少年団の6週連続1位のニュースに焦点を当てて 「「Butter」のストリーミングとラジオ放送回数は変わらずに強固だ。防弾少年団は自己最長(「ホット100」チャート1位)の記録を達成した」と報道した。

これにより防弾少年団は通算11回にわたり「ホット100」1位に輝いた。「Butter」6回をはじめ、「Dynamite」(3回)、フィーチャリングに参加した「Savage Love」リミックスバージョン(1回)、アルバム『BE』のタイトル曲「Life Goes On」(1回)の4つの曲で達成した輝かしい歴史だ。
  • スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-07-07 07:13:05