防弾少年団ジョングクのおかげで命拾い 韓国の名司会者が骨折エピソード明かす


  • スタートゥデイDB

タレントのキム・ソンジュがグループ防弾少年団ジョングクのおかげで、命拾いしたエピソードを公開した。

7日に韓国で放送されたSBS『路地裏食堂』にはガールグループ少女時代のメンバーのユリとヒョヨンがゲストとして出演した。番組の司会を務めるキム・ソンジュは「ユリに会うと思い出すことがある。以前、ユリと一緒にコンサートの司会を引き受けたことがある」と話し始めた。

キム・ソンジュは「当時、次の順番の歌手として防弾少年団を紹介した後、私は舞台から退場した。しかし舞台のリフトが降ろされた状態だったことに気が付かず、私がそこに墜落してしまった」と危険だった当時の状況を回想した。

引き続き彼は「リフトが降ろされているということは、そこに誰かが待機しているということだ。私が防弾少年団ジョングクの背中に落ちた。その事故で私の手が骨折した。手が折れるほどの事故だったのだから、ジョングクがいなかったなら、すでに私はこの世にいないはずだ。ユリを見ると、そのときを思い出す。当時は手が折れた状態で、かろうじてマイクを握ってコンサートを終えた」と付け加えた。

  • SBS

  • もっと! コリア コンテンツ部
  • 入力 2021-07-08 09:01:00