ドラマから一方的に降板でKBSが遺憾表明「別番組出演が報道され残念」


  • MKスポーツ

『学校2021』側が俳優キム・ヨンデの降板について遺憾を表した。

15日、KBS 2TV『学校2021』側はMKスポーツに「『学校2021』にキャスティングされたキム・ヨンデ俳優と出演契約を締結し、主要出演者とのミーティング、台本練習などに参加し、7月の最初の撮影準備をしていたのに最近になって所属会社側が制作陣と相談せずにいきなり降板の意思を表した」と明らかにした。

続いて「制作会社とKBSはキム・ヨンデ俳優の降板に同意したことがなく、円満な合意に至るために努力している」と付け加えた。

『学校2021』側は「番組の制作陣との公式的な議論をせずに降板の記事と同時に他の番組への出演記事が報道された部分は残念だ」とし「今後、最終的な結果をお知らせする」と伝えた。

『学校2021』は入試競争ではない別の道を選択した、あいまいな境界に置かれた青春の夢と友情、ときめきの成長期を描く作品だ。

キム・ヨハンとチョ・イヒョン、ファン・ボルムビョルなどが出演し、キム・ヨンデは転校生チョン・ヨンジュ役を演じる予定だった。
  • キム・ナヨン MKスポーツ記者
  • 入力 2021-07-15 16:46:03