SMエンタ、悪質追っかけファンへの強硬対応予告 処罰する法的根拠整う


  • SMエンターテイメント所属のグループEXO / スタートゥデイDB

SMエンターテイメントが所属アーティストのプライバシー保護のため強硬対応を予告した。

SMエンターテイメント(以下、SM)は16日、公式ホームページを通じて「アーティストのプライバシー侵害行為中断要求およびこれに対する法的措置の件」というタイトルの告知を掲載した。

SMは告知で「現在、ファンたちの協力と内部モニタリングを通じてポータルサイト、SNS、コミュニティなどのオンライン上において、アーティストへの悪意のある誹謗やデマなどを掲載・流布してアーティストの名誉を毀損したり侮辱する行為などに刑事告訴を行い、強く対応していきている」とし「所属アーティストのいわゆる「サセン(私生活まで追っかけるファン)」の過度なプライバシー侵害行為もこれ以上は目をつぶらずに厳重に対処していく予定」と明らかにした。

続いて「「(サセン)タクシー」を利用して長期にわたってアーティストを追いかけ続けたり、軍服務中のアーティストの服務場所や通勤の後を追う行為、居住地を調べて屋内または駐車場などに侵入、または差出人が分からない方法で一方的に宅配便で物品を送るなど、「サセン」の無分別なストーカー行為によりアーティストはもちろん、家族、知人、隣人など周辺の人々まで精神・物質的に深刻な被害を受けている」と指摘した。

また、「このような行為はプライバシーを侵害する違法な行為であり、明白な犯罪行為」とし「最近制定された「ストーカー犯罪の処罰などに関する法律」に基づいて「懲役刑」で刑事処罰を受ける可能性もある」と警告した。

これと共に「所属アーティストを保護するために、これまで「サセン」に対して堅持してきた慣用的な態度を捨てて、善処や和解をせずに断固として強力に法的対応を行っていく」とし「刑事告訴はもちろん精神的・財産的損害賠償を請求するなど民事・刑事上のすべての可能な法的措置をとる予定だ」と強調した。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-16 13:59:08