パク・ジフン、海辺で撮ったファッショングラビアが公開


  • ARENA


  • ARENA


  • ARENA

海辺で撮ったパク・ジフンの感性豊かなファッショングラビアが公開された。

「Poetic Beach Boy」というコンセプトの『Arena Homme+』8月号で彼は純粋で清い視線と雰囲気のあるポーズで視線を集めた。カメラの前に立ったパク・ジフンは自由に走ったり、いっきに波の中に入ったり時には雰囲気があり、時には果敢な姿を演出し現場のスタッフたちから賛辞を受けたという。

その後のインタビューでパク・ジフンは「もう可愛い年齢ではない」と宣言し日焼けした肌、健康になった体格、成熟した性格と変わったイメージについて伝えた。「グループ活動、ソロ活動の序盤には気を使わなければならないことが多かったです。どうやってパク・ジフンというイメージをより美しく見せられるか悩みました。今は飾り気のないパク・ジフン自体でもファンの方々が大切にしてくれることが分かりました。もう愛嬌のないもの自分も大目に見てください」

ドラマ『遠くから見ると青い春』をはじめ出演する作品ごとに特に涙を流す演技で話題になるパク・ジフンは「コメントを見ると「泣かせたい」という内容が多いが、泣かせてください。泣く演技には自信があります」と答えた。実際はよほどのことでは泣かないという彼は「ファンの方々は「顔を見ると事情があるようだ」と表現しますが、私の人生にはあまり事情がありませんでした。(笑)一瞬で没入するのが上手なようです。結局、集中力の戦いですね」と説明した。

7歳の時から子役を始めミュージカル、各種バラエティ番組に出演、Wanna Oneのの活動やソロ活動に至るまで休まず活動し続けてきたパク・ジフンは「礼儀がなかったことはあっても夢と目標はいつも確実だった」と表現した。オーディションに落ちたり実力が伸びない時、彼は「おい、お前ここで終わりか? ここで諦めるつもりなのか?」と自らに聞いたという。そして「絶対できない」と答えたりしました。 私は「ここであきらめる人ではない」と心を引き締め、ここまで来たと強調した。

夢に向かって黙々と歩んできた俳優や歌手、パク・ジフンのグラビアやインタビューは『Arena Homme+』8月号とウェブサイトで紹介される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-07-19 09:38:59