イ・スンジェ「65年間演技を続けているが2階建てのビルもない」


  • TV CHOSUN

イ・スンジェが65年間にわたり演技をしてきたが、建物一つ所有していないと打ち明けた。

去る18日に韓国で放送されたTV CHOUSNの番組『スタードキュメンタリー マイウェイ』にはデビュー70周年を迎えたユン・ボクヒが登場した。

この日、ユン・ボクヒは同僚俳優のイ・スンジェと会って話を交わした。ユン・ボクヒは「私は戦争の時に避難した後、再びソウルに戻ってきて復旧されていない状態で父親と一緒に国民を慰めるために公演をしていた」と過去を回想した。

これを聞いたイ・スンジェは「今だったら大ヒットしてユン女史も子供の頃に苦労をしなくても良かったはずだ」とし「当時はそうしても収入がなかった」と大衆文化ではお金を稼ぐのが大変だったと話した。

イ・スンジェは「生涯にわたって65年間(演技を)しているが、2階建てのビル一つすらない。最近の子たちは1年活動すると40億ウォン(4億円)、50億ウォンを稼ぐ。時代の変化なのだから仕方ない。この状況が早く訪れるべきだった」と変わった大衆文化の位置について言及した。

続いて「当時、私たちには大衆芸術文化の歴史がなかった。たとえば英国のビートルズは大衆音楽の象徴的な意味を持っていて、国威宣揚をした。今の防弾少年団と同じだ」とビルボード1位を記録して世界を席巻した防弾少年団をビートルズになぞらえた。

一方、『スタードキュメンタリー マイウェイ』は韓国で毎週日曜日の夜7時40分に放送される。
  • イ・ジヨン スタートゥデイ インターン記者
  • 入力 2021-07-19 10:24:36