EXOディオ、1stソロアルバム「共感」で2曲の作詞に参加


  • SMエンターテインメント

EXOのディオが1stソロアルバムのタイトル曲「Rose」と収録曲「I'm Fine」の2曲の作詞に参加した。

26日に発売されるディオの1stソロアルバム『共感』は計8トラックで構成されており特にディオが作詞に参加した2曲も聴くことができ期待が高まっている。

今回のタイトル曲「Rose」は軽快なギターリズムが印象的なアコースティックフォークジャンルの曲で、ディオが直接作詞した歌詞には相手に夢中になり、ときめく気持ちと勇気を出して告白する姿まで初々しいラブストーリーを描いた。

さらにディオは収録曲「I'm Fine」の作詞にも参加し、他人に毎回する挨拶を自分自身にもしてみてほしいという気持ちを歌詞で表現し、ジャジーなR&Bギターサウンドとディオの淡々として温かなボーカルが合わさり耳元を魅了する。

これに先立ち、ディオは2019年にSM「STATION」を通じて作詞に参加したソロ曲「That's okay」を発表し、素直な慰めのメッセージで多くの共感を得ている。

ディオの1stソロアルバム『共感』は26日の午後6時、各種音楽サイトで全曲音源が公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-07-21 09:23:50