「袖先赤いクットン」撮影控えていたキム・ガンミン、コロナ感染でスケジュール中断


  • initialエンターテイメント

俳優キム・ガンミンが新型コロナウイルス感染の判定を受け、治療中だ。

キム・ガンミンの所属事務所であるinitialエンターテイメントは22日、報道資料を通じて「当社所属の俳優キム・ガンミンが21日、新型コロナウイルス感染確定の判定を受けた。キム・ガンミンは濃厚接触者に分類されて新型コロナウイルスの検査を行い、陽性反応の通知を受けた」と明らかにした。

続いて「キム・ガンミンは現在、すべてのスケジュールを中断して防疫当局の指示に従って治療センターに入っており、治療に集中している。当社も防疫当局の指示に積極的に協力して必要な措置を取っている」とし「多くの方々にご迷惑をおかけした点をお詫び申し上げ、新型コロナウイルス感染拡散防止のために最善の努力を尽くす」と明らかにした。

キム・ガンミンは去る15日に終了したtvNドラマ『九尾の狐とキケンな同居』に出演した。以後、MBC新ドラマ『袖先赤いクットン』の出演を控えている。所属事務所側は毎日経済スタートゥデイに「まだ作品の撮影に合流していない」と伝えた。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-22 10:28:03