防弾少年団、きょうニュース番組に出演 非対面公演を続けてきた感想伝える


  • Big Hit Music

防弾少年団が今日(24日)SBSの「8ニュース」に出演する。防弾少年団はこの日、ソウル市木洞(モクドン)にあるSBS本社のニューススタジオを訪問してキム・ヨンテアンカーと対談を行う。

防弾少年団が「Butter」と「Permission to Dance」でビルボード「ホット100」8週連続1位という大記録を作った後、メディアとインタビューするのは今回が初めてだ。

防弾少年団のSBS「8ニュース」出演は2018年6月3日に続いてこれで2度目だ。防弾少年団はこの日、「Butter」から「Permission to Dance」につながる最近の成果に対するメンバーたちの考えと新型コロナウイルスパンデミック状況下で非対面公演を続けてきた感想を伝える。また、大韓民国を代表する大統領特使の活動など、今後の活動計画も伝える予定だ。

防弾少年団は新曲「Permission to Dance」でビルボード「ホット100」で1位を記録しただけでなく、ビルボードの別のメインチャートである「アーティスト100」1位を含めて計10部門1位という大記録を作った。ビルボード史上「ホット100」チャートでホットショットデビュー(リリース直後に1位)を果たした後、7週間以上1位を守って、自らの別の曲で「ホット100」1位をバトンタッチさせた歌手はパフ・ダディ、ドレイク、防弾少年団だけだ。グループとしては防弾少年団が唯一であるとビルボードは伝えた。

防弾少年団以前の歌手で、自らの曲に「ホット100」のトップの座を譲った事例はビートルズ、ジャスティン・ビーバー、テイラー・スウィフトなど13チームのみだ。

ビルボード「ホット100」通算13回目の1位、音楽ストリーミングプラットフォーム史上日間最大ストリーミング記録(「Butter」)など、防弾少年団はアメリカの大衆音楽史で意味のあるマイルストーンを相次いで打ち立てている。「Permission to Danceス」は防弾少年団の5曲目のビルボード「ホット100」1位曲だ。10カ月と2週間に5曲を1位にしたもので、マイケル・ジャクソンに次ぐ最短期間記録だ。

「Permission to Dance」は「Dynamite」、「Life Goes On」、「Butter」に続き新型コロナウイルスにより疲れた世界の人々にポジティブで明るいエネルギーを伝えて大きな反響を得ている。

この曲で披露した特別な手話の振り付けは「楽しい」、「踊る」、「平和」の意味を持っており、より多くの人々に希望的なメッセージを届けるために企画された。国際手話の振付を活用したダンスチャレンジも進行され、世界中のファンがこの曲に合わせて踊る映像を共有している。

防弾少年団はこれに先立つ21日に「未来世代と文化のための大統領の特別使節」に任命された。韓国大衆文化芸術人のうち、特使に任命されたのは今回が初めてで、防弾少年団は9月の国連総会などの国際会議に特使として参加して、慰めと希望のメッセージを伝える予定だ。

防弾少年団が出演するSBS「8ニュース」はオリンピック競技中継が終わった後、いつもより遅く始まる。 SBSはテレビやYouTubeなど様々なチャネルを介して防弾少年団の出演と関連したニュースを迅速かつ忠実に伝える計画だ
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-24 10:33:26