「一問一答」EXOディオがソ1stソロアルバムに込めた思いを伝える


  • SMエンターテインメント

EXOディイオの1stソロアルバム『共感』が26日にベールを脱ぐ。

今回のアルバムはディオがデビュー後初めて発表するソロアルバムでディオの甘美なボーカルとアコースティックな雰囲気が調和した計8曲が収録されている。

ディオはこれまでEXOの活動を通じて魅力的な音色と優れた歌唱力を認められたのはもちろん、俳優としても多数の作品で活躍し安定した演技力と興行パワーで強烈な存在感を立証しただけに今回のアルバムを通じて見せる新しい姿がさらに期待を集めている。

<次はディオが直接伝える1stソロアルバム『共感』に関する一問一答>

Q. 1stソロアルバムなので感慨深いがアルバムを発表する感想は?

A. とても新しい気持ちだ。一緒に歌っていたので1人で歌うのは難しい部分もあったが、ユニークで楽しい経験ができてよかった。アルバムをどう聴いてくださるのか気になる。

Q. アルバム名のアイデアを直接出したが、『共感』と言った理由は?

「共感」という単語に自分自身がよく共感できない時があったが、その単語の中にとても大きなエネルギーがあるということを感じた。そこで自分が感じたように他の方々にも良いエネルギー、影響のあるエネルギーを差し上げたいという思いで「共感」というテーマにした。

  • SMエンターテインメント


Q. 今回のアルバムを準備しながら 最も力を入れた点は? アコースティックな雰囲気の曲で満たされたがアコースティック音楽を選んだ理由は?

A. 初めて作業するソロアルバムなので僕がやりたいし、やってみたかった音楽をやってみようということに重点を置いた。個人的にアコースティックギターの音が大好きでもあり聴きやすいという気持ちが強くてギターが加わった曲に方向を決めた。

Q. タイトル曲「Rose」はどんな曲なのか?

A. タイトル曲「Rose」は軽快なギターリズムが目立つアコースティックフォーク曲で誰でも歌いやすいメロディーが曲のポイントだ。

Q. タイトル曲「Rose」と収録曲「I'm Fine」の 作詞に参加したが、なぜそうなったのか?

A. アルバムのテーマを「共感」に決めてから浮かんだ思いの中には誰もが感じる感情的な愛もあったし、前に発表した「That's okay」のように慰めになってほしいと思い直接作詞にも挑戦することになった。

Q.収録曲「I'm Gonna Love You」にワンシュタインがフィーチャリングで参加したのは、どうだったか?

初めて「I'm Gonna Love You」を聴いた時、 思い浮かんだ方がワンシュタインさんしかいなかった。喜んでフィーチャリングに参加してくださって本当に感謝しているし、このような作業をしてみるのは僕も初めてだったのでとても新しくて楽しい経験だった。

  • SMエンターテインメント


Q. ボーナストラックとして収録された「Rose」の英語バージョンと 「Si Fueras Mia」のスペイン語バージョンは 、なぜ歌うことになったのか?

最初に曲を聴いた時、ガイド言語がそれぞれ英語、スペイン語になっていて、歌詞と曲の感じが良くてお聞かせしたくて歌うようにった。

最後にファンに一言。

「こんにちは、EXOのディオです。こうやってソロアルバムで、ファンの皆さんに挨拶することになりました。ソロアルバムは初めてなので、 僕もすごく緊張してるしワクワクします。アルバムに収録した曲を聴きながら良いエネルギーを感じていただけたらと思って一生懸命作ったので皆さんが聴いて幸せに過ごしてくれたらと思います。いつもしっかり食べて元気になってください。ありがとうございます」
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-07-26 17:13:57