防弾少年団、英BBCラジオ1『Live Lounge』初出演 世界中のファンを魅了


  • 英BBCラジオ『Live Lounge』

グループ防弾少年団(BTS、RM、JIN、SUGA、J-HOP、ジミン、V、ジョングク)が英国BBC1『Live Lounge』に初出演し全世界のファンを魅了した。

防弾少年団は27日(現地時間)、英BBCラジオ1『Live Lounge』に初めて出演し世界中の音楽ファンに会った。

防弾少年団はこの日、昨年8月に公開したデジタルシングル「Dynamite」と新曲「Permission to Dance」、そしてポリス(The Police)の「Every Breath You Take」をサンプリングした「Puff Daddy」と、フェイス・エヴァンス(Faith Evans)の「I'll Be Missing You」のカバー曲を熱唱した。

『Live Lounge』の司会者であるアデール・ロバーツ(Adele Roberts)は防弾少年団を紹介しながらメンバーたちと嬉しそうに挨拶を交わし彼らは世界中のファンたちに「会いたい」と叫びながらファンとの出会いを懐かしんだ。

トラックのサイドウィングが開かれ舞台上で「Dynamite」を歌う防弾少年団の姿で始まった『Live Lounge』の公演。防弾少年団はトラックで演奏するバンドと息を合わせ新たな雰囲気の「Dynamite」パフォーマンスを完成させた。鉄製のフレームで作られた舞台セットとあちこちに配置された植物が妙に調和し洗練された穏やかな印象を同時に漂わせた。

楽しい曲で『Live Lounge』の雰囲気を一層盛り上げた防弾少年団は「Permission to Dance」でまた違った魅力を披露した。明るく軽快な曲のメロディーと7人のメンバーの優しい声が調和し聴く人に幸せな気運を届けた。曲の末尾、ダンサーたちの登場とともに始まった国際手話パフォーマンスも素晴らしかった。

防弾少年団はノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)捧げる楽曲である「I'll Be Missing You」で『Live Lounge』のフィナーレを飾った。この日の放送で全世界のファンに伝えたいメッセージを込めて「I'll Be Missing You」をカバー曲に選定したと明かした防弾少年団。特にラップの一部をハングルに歌詞を変えて歌い防弾少年団の特別な雰囲気を込めた「I'll Be Missing You」が誕生した。

防弾少年団は『Live Lounge』の司会者アデルとのテレビインタビューも行ったが、これは28日にBBC OneおよびBBC iPlayerで放送される予定だ。

『Live Lounge』はイギリス現地はもちろん世界中の音楽ファンに愛される有名ラジオショーで、グローバルアーティストが出演しパフォーマンスやカバーステージを披露する。歴代の出演者にはフーファイターズ(Foo Fighters)、アリシア・キーズ(Alicia Keys)、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)などがいる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2021-07-28 07:41:31