キム・ゴウン主演ドラマ「ユミの細胞たち」のティーザーポスター公開


  • TVING

『ユミの細胞たち』でキム・ゴウンの頭の中ではどんなことが起こるのだろうか。

来る9月に韓国で公開されるドラマ『ユミの細胞たち』は29日、風変わりな共感ロマンスを予告するティーザーポスターを公開した。平凡な日常の中の特別な話を描いていくユミ(キム・ゴウン)と細胞たちの日常が期待心理を刺激する。

シーズン制で制作される『ユミの細胞たち』は細胞と一緒に食べて、恋して、成長する平凡なユミの話を描く細胞刺激共感ロマンスだ。『ショッピング王ルイ』『知っているワイフ』などを通じて感覚的な演出を披露したイ・サンヨプ監督がメガホンを取った。

この日、公開されたティーザーポスターはキム・ゴウンと細胞たちのやり取りへの期待を高めた。まず、ユミに変身したキム・ゴウンの爽やか笑顔が視線をひきつける。その周りには可愛らしい細胞たちが顔をのぞかせている。平凡なユミの日常を特別にする彼らの愛らしいシナジーが期待を高める。

共感しやすいキャラクターを演じるキム・ゴウンは『ユミの細胞たち』の魅力を「平凡」さと説明した。キム・ゴウンは「ドラマチックな新しい出来事ではない、誰にでも起こる日常を描いており、多くの方々がそれぞれの過去を思い出して共感できると考えている」とし「アニメーションと実際の人物が交わる作品なので、「一部だけが目立たつことのないよう上手く調和させないといけない」と考えながら演技に臨んでいる。新しい試みがどのように描かれるのか期待半分ときめき半分で待っている」と伝えた。

韓国ドラマとしては初めて実写と3Dアニメーションを組み合わせた新しいフォーマットで制作された『ユミの細胞たち』が楽しみだ。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-29 14:15:55