YouTuberのヤンパン、子宮にしこり「手術するかもしれない」と告白


  • YouTube画面

YouTuberのヤンパン(ヤン・ウンジ)が子宮筋腫により手術を受けるかもしれないと告白した。

ヤンパンは28日、自身のYouTubeチャンネルに「私、手術します」というタイトルの映像を公開した。

ヤンパンは「2年前から原因を知ることができない頭痛や嘔吐があった。釜山の鎮区にある緊急治療室にはほとんど行ったが、原因は不明だった。脳のCTを撮ってみたり心電図、尿検査、血液検査まですべてしたが何の異常もなかった」と話し始めた。

続いてヤンパンは「精神科にも行った」とし「精神科で診断を受けたところパニック障害がある状態で、パニック発作が出るという結論になって飲んでいるパニック障害の薬がある」と説明した。

ファンのアドバイスで産婦人科を訪れたヤンパンは「検査しても別に何もないだろうと思っていたら、あった。子宮にしこりがある。よくあることだけど、生理が終わったら子宮がきれいになるはずなのに(私は)生理が終わってもこぶのサイズが大きいと言われた」と打ち明けた。

続いて「これは手術をしなくてはいけないのかと尋ねたところ、私のしこりはちょっと大きいと言われた。生理のときに一緒に出てくる可能性もあると言っていた。だから来月まで一度様子を見ようと。皆さんのおかげで産婦人科に行ったけど、産婦人科で自分の体の中に知らなかったしこりを発見した」と伝えた。

ヤンパンはスターYouTuberでありアフリカTVのBJ(ライブストリーマー)だ。ヤンパンは2019年にアフリカTVフェスティバルBJアワーズバラエティで女性部門の大賞を受賞するほど人気を集めたが、昨年10月に裏広告(ステルスマーケティング)の物議により活動を全面中断、後に活動休止から6カ月ぶりの昨年2月に復帰した。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-29 20:19:16