ハ・ジョンウ、父親キム・ヨンゴンの婚前妊娠スキャンダルに「ノーコメント」


  • スタートゥデイDB

俳優キム・ヨンゴンが39歳年下の女性と妊娠・出産をめぐって法的争いを行っているなかで、息子で俳優のハ・ジョンウ側は「何も知らない」と伝えた。

ハ・ジョンウ側は2日、毎日経済スタートゥデイに「ハ・ジョンウさんの個人的な部分なので、よく分からない。特に父親の私生活の領域については伝える言葉がない」と明らかにした。

この日の午前、芸能メディアのディスパッチによると俳優のキム・ヨンゴン(76)は39歳年下の女性Aさん(37)に中絶強要未遂罪で訴えられた。婚前妊娠と出産をめぐる立場の違いが訴訟へとつながったもの。

報道によると、2人は2008年にあるドラマの打ち上げで出会い、約13年間にわたり良好な関係を維持してきた。しかし今年3月、Aさんが妊娠の事実を伝えてから2人のあいだに葛藤が生まれた。キム・ヨンゴンが76歳という年齢が負担になり現実的な理由で出産を反対したが、Aさんは「中絶はしない」と強く対抗して2人の立場の差が最終的に訴訟へとつながった。

Aさんは「13年を隠れて会ってきたのに、お腹の中の命まで消せだなんて」とし「キム・ヨンゴンさんの(残りの)人生が大切なほどに、一人の女性の人生も重要だ。利己的で無責任だ」と訴訟の理由を明らかにした。

キム・ヨンゴンの弁護人はこれに対して「5月末から最近までAさんに出産への支援と子育ての責任を果たすと意思を伝えていたが答えが返ってこず、突然の訴訟に当惑している」とし「キム・ヨンゴンは妊婦と子供のために最善の責任を尽くす」と強調した。

中絶を強要したというAさんの主張にはあるメディアに「最初はとても驚いて慌ててAさんの立場も心配になって、子供を産まないのはどうかという意志を伝えたものであり、出産を希望するAさんの意見を受け入れて家族とも会話を交わした後、出産に対する責任を取るという意思を伝えた」と説明した。

一方、キム・ヨンゴンは1967年に俳優としてデビューして今でも旺盛な活動を続けている。tvNのバラエティ番組『花よりおじいさん』を通じて第2の全盛期を迎えた。映画俳優ハ・ジョンウ(キム・ソンフン)とチャ・ヒョヌ(キム・ヨンフン)の2人の息子がいる。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-02 11:24:57