SEVENTEEN、オンラインファンミーティングで世界中のファンを魅了


  • Pledisエンターテインメント

グループSEVENTEEN(エスクプス、ジョンハン、ジョシュア、ジュン、ホシ、ウォヌ、ウジ、ディエイト、ミンギュ、ドギョム、スングァン、バーノン、ディノ)が オンラインファンミーティグ「CARAT LAND」を成功させた。

SEVENTEENは8日の午後5時からオンラインライブストリーミングで行われた「2021 SVT 5th FAN MEETING‘SEVENTEEN in CARAT
LAND'」で「K-POPパフォーマンスの代表走者」であることを改めて認識させ多彩な舞台で差別化された魅力を誇示した。

「CARATとのワクワクする時間」というテーマで行われた今回の「CARAT LAND」は各種ゲームやトークなど一時も目を離せない構成でファンを熱狂させメイン画面とメンバー別の個人カメラなど計14個のマルチビュー画面でリアルな臨場感を伝え盛り上げた。

まず8thミニアルバム『Your Choice』のタイトル曲「Ready to love」でオンラインファンミーティングの幕を上げたSEVENTEENは「CARAT LAND」を訪れたファンに嬉しい挨拶をしオンラインライブストリーミングでリアルタイムコミュニケーション中の全世界のファンと共に「CARAT LAND」ならではの特別な掛け声を叫び本格的なスタートを切った。

さらに童話の世界に導いたような8thミニアルバムの収録曲「Heaven's Cloud」の舞台を初公開し見る人を魅了し、「Bittersweet TALK」コーナーでは思いっきりトークをして充実したコンビネーションとウィット溢れる話術を披露し楽しさを増した。

特に今回の「CARAT LAND」では世界中の音楽ファンの間で愛され続けているSEVENTEENのヒット曲のステージが久しぶりに繰り広げられ大きな喜びを味わった。SEVENTEENはテレビ電話をしているような場面とゆっくりしたバージョンで新しく演出された「Oh My!」、気持ち良いエネルギーがいっぱい詰まった「Pretty U」で見る人の目と耳を魅了した。

またSEVENTEENはMCウジの司会でユニット別に分かれ「文章パズルゲーム」と「初声歌詞クイズ」を続けた。メンバーたちは特殊効果の使用権がかかっただけに情熱的にゲームに参加し特有の愉快なセンスを披露した。

  • Pledisエンターテインメント

「CARATLAND」では欠かせないユニットリバースステージではパフォーマンスチームの「Chocolate」、ヒップホップチームの「13月の舞」、ボーカルチームの「Check-In」が原曲とはまた違ったユニークなステージに生まれ変わり、各ユニットごとの魅力が最大化されSEVENTEENの幅広い音楽的スペクトルを立証した。

SEVENTEENは最後の舞台となる8thミニアルバムの収録曲「Anyone」でパワフルなパフォーマンスと爆発的な歌唱力で視線を圧倒しアンコール曲「Love Letter」では温かい感性を醸し出し見る人を微笑ませた。

最後にSEVENTEENは「今日の「CARAT LAND」を ご覧くださったCARATの皆さん、 ありがとうございます。最近は疲れて大変な時間を過ごしていると思いますが、「CARAT LAND」を見る時だけは笑って癒されてほしいです」という心からの感想とともに「今後も良い思い出を沢山作れるようになって嬉しいです。

直接、会えるその日まで常に元気で幸せでいてほしい」とファンへの思いを伝えた。

さらにこの日、誕生日を迎えたリーダーエスクプスのためのサプライズパーティーとしてもう1つの思い出を作った。最後まで盛り上げるアドリブが印象的な「Our Dawn Is Hotter Than Day」、「Holiday」ステージで「CARAT LAND」の最後を飾った。

SEVENTEENは約4時間にわたって行われたオンラインファンミーティング「CARAT LAND」を通じてSEVENTEENであるからこそ可能な華やかなパフォーマンスの饗宴とときめきを高めたロマンチックな魅力で相変わらずの「公演強者」の底力はもちろん、約9万8千人(重複アクセス含む)の全世界のファンに忘れられない1日をプレゼントした。

SEVENTEENは今後、様々な活動を通じてファンと出会う予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-08-09 11:02:51