Rocket Punch、日本デビューショーケースが大盛況「目標は東京ドーム」


  • Woollimエンターテインメント

グループRocket Punchが日本デビューショーケースで本格的に日本活動に乗り出した。

Rocket Punchは8日の午後5時、ABEMA TVで生中継された日本デビューショーケースライブ「Bubble Up!」を盛況裏に開催し華やかな日本デビューを宣言した。

デビュー曲の「BIM BAM BUM」の日本語バージョンで始まったRocket Punchは日本のファンに挨拶した後「日本デビューができて本当に嬉しくて信じられない」と胸をときめかせた。

続いて「とても緊張しますがショーケースを通じて多くの方々にRocket Punchのエネルギーと魅力を知っていただきたいです。
緊張せずに楽しみたい」と特別な意気込みを伝えた。

Rocket Punchはトーク全般を日本語でリードし流暢な日本語力を披露した。日本のファンとやっていきたいことについて話していたスユンは「私たちだけの空間で、お互いエネルギーと力を感じながら公演したい、東京ドームで公演するのが最終目標」と力強い抱負を明らかにした。

Rocket Punchは甘い声と愛らしい魅力が引き立つ「One Summer Night」のステージを披露した後、絵しりとりゲームを行った。Rocket Punchの瞬発力や斬新なアイデアをうかがうことができ特別な楽しみを提供したのはもちろん、ミッションに失敗したRocket Punchは、ファンたちに向け愛嬌あふれるコメントを送りファンの心を躍らせた。

洗練されたレトロムードで愛された「Ring Ring」のステージを終えた後、Rocket Punchは日本デビューアルバムのプレビュー映像を見ながら各曲を直接紹介した。さらに収録曲の1つである「Let's Dance」の舞台を飾り盛り上げた。

最後にRocket Punchは「多くの方々が期待して待ってくださった分、良い姿をたくさんお見せする。

応援していただき愛してほしい」と伝えた。続いて爽やかなエネルギーで満たされた日本デビュー曲「Bubble Up!」舞台でエンディングを飾った。

Rocket Punchは日本正式デビュー前から地元の熱い関心を一身に受けていた。これに先立ちRocket Punchの日本デビューニュースがポータルサイトYAHOO! JAPANのメインを飾り、ABEMA TVで放送されたドキュメンタリー番組『Rocket Punch Fly to Japan』が大きな人気を集めた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-08-09 17:08:10