防弾少年団、 シングルCD「Butter」25万枚販売 日本プラチナ認定


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団がシングルCD「Butter」で日本レコード協会からプラチナ認定された。

10日、日本レコード協会が発表した7月度「ゴールドディスク認定作品」によると、先月9日に発売された防弾少年団の「Butter」が出荷量累積25万枚を突破しアルバム部門でプラチナ認定を獲得した。防弾少年団はこれに先立ち、今年6月16日にリリースした日本アルバム『BTS, THE BEST』でミリオン認定(6月)を受けたのに続き、「Butter」も認定作品リストに上がった。

日本レコード協会はアルバムの累積出荷量によって、ゴールド(10万枚以上)、プラチナ(25万枚以上)、ダブルプラチナ(50万枚以上)、トリプルプラチナ(75万枚以上)、ミリオン(100万枚以上)に区分して、毎月公式ホームページを通じて認定作品を発表する。

防弾少年団は「Butter」に今年5月に発表したグローバルサマーソング「Butter」とダンスポップジャンルの「Permission to Dance」の2曲がInstrumentalバージョンで計4曲収録されている。このアルバムはオリコン「週間アルバムランキング」(7月26日付)に入ると同時に1位に直行した。防弾少年団は「Butter」を含む通算9枚のアルバムを「週間アルバムランキング」で首位に押し上げ、「最も多い1位のアルバムを保有する海外アーティスト」という記録も立てた。

また、「Butter」と「Permission to Dance」はそれぞれオリコン「週間ストリーミングランキング」でも7月19日から8月9日までの4週連続1位と2位を独占し熱い人気を博している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-08-10 10:10:38