防弾少年団、GAONチャートで4冠達成&「Butter」の売上枚数249万枚


  • Big Hit Music

グループMSG WANNABEと防弾少年団が7月のGAONチャートで4冠に輝いた。

12日、GAONチャートを運営する社団法人韓国音楽コンテンツ協会は「7月のGAONチャートでMSG WANNABE(M.O.M)と防弾少年団がそれぞれ4冠を獲得する栄誉を獲得した」と明らかにした。

『遊ぶなら何する?』のプロジェクトグループ、MSG WANNABE(M.O.M)の「見つめてばかりいる」は2021年7月の月間デジタルストリーミング、BGM、着うたチャートで1位を獲得し熱い人気を証明した。

防弾少年団のアルバム『Butter』は約2,490,969枚の売り上げでアルバムチャート1位を獲得した。また新曲「Permission to Dance」でダウンロード、カラーリングチャートで1位、「防弾少年団」でソーシャルチャート2.0の1位を獲得し世界的な底力を誇示した。

K-POPの世界的な人気を直感的に確認できるソーシャルチャート2.0は、防弾少年団が5か月連続で1位を取り続けている。防弾少年団のV LIVEチャンネルで最も人気があったコンテンツは「ジョングク」で、マイセレブの魅力キーワードは「話題を集める」、「熱い反応を見せる」、「調和を成す」などだった。

同時に公開された第32週目(2021.08.01.2021.08.07)のGAONチャートではAKMUの「落下(with IU)」がデジタルチャート1位、MSG WANNABEの「見つめてばかりいる」がストリーミングチャート1位、ASTROの「SWITCH ON」がアルバムチャート1位を獲得した。 またASTROの新曲「After Midnight」はダウンロード、BGMチャートで1位を獲得しASTROは計3冠を達成した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-08-12 11:00:16