防弾少年団、米授賞式「2021 MTV VMA」で5部門にノミネート


  • Big Hit Music

防弾少年団が米国の権威ある音楽授賞式「2021MTV Video Music Awards」(以下「2021 MTV VMA」)で5部門の受賞候補に挙がった。

「2021 MTV VMA」は11日(以下現地時間)にMTVの公式ホームページで今年の授賞式の各受賞部門とノミネートを発表した。

防弾少年団は「Song of the Year」をはじめ「Best Pop」、「Best K-pop」、「Best Choreography」、「Best Editing」の5部門に選ばれた。

「2019 MTV VMA」で初めて候補に挙がった防弾少年団は今年で3年目の受賞を目指す。「Best K-pop」、「Best Choreography」部門ではそれぞれ3年連続、「Best Pop」では2年連続受賞候補に上がり、「Song of the Year」と「Best Editing」部門で受賞候補に上がったのは今年が初めてだ。

防弾少年団は昨年8月に発表した「Dynamite」で「Song of the Year」の受賞候補に挙がった。「Song of the Year」の候補には防弾少年団の「Dynamite」の他にも24kGoldnとIann Diorがコラボした「Mood」、Bruno MarsとAnderson.Paakが結成したコラボレーションバンドSilkSontheの「Leave the Door Open」、Cardi BとMegan Thee Stallionがコラボした「WAP」、Dua Lipaの「Levitating」、Olivia Rodrigoの「Drivers License」などがノミネートされ競合を繰り広げる。

「Best Choreography」はアーティストと振り付け創作者のどちらにも与えられる賞で、グローバルサマーソング「Butter」の振り付けを担当したBig Hit Musicのパフォーマンスディレクティングチームが防弾少年団と共に候補に名を連ねた。防弾少年団とBig Hitミュージックパフォーマンスディレクティングチームは、「2020 MTV VMA」でも4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』のタイトル曲「ON」で「Best Choreography」部門を受賞している。

防弾少年団は昨年の「MTV VMA」で「Best Choreography」を含む「Best Pop」、「Best K-pop」、「Best Group」の4冠に輝き2019年の授賞式では「Best Group」と「Best K-pop」の2部門のトロフィーを獲得した。

「MTV VMA」はアメリカのMTVが開催する権威ある音楽授賞式で「Video of the Year」、「Artist of the Year」、「Song of the Year」、「Best Collaboration」など約20部門の受賞者を発表する。MTVによると「Best Group」と「Song of Summer」を含むソーシャルカテゴリーの受賞候補は今後発表される予定だという。

「2021 MTV VMA」は9月12日に米ニューヨークのBarclays Centerで開かれMTVチャンネルなどで生中継される。
  • 毎日経済スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-08-12 13:00:16