SEVENTEEN、米授賞式2021 MTV VMAで「Best K-pop」に初ノミネート


  • Pledisエンターテインメント

グループSEVENTEENが「2021MTV Video Music Awards」(以下「2021 MTV VMA」)で「Best K-pop」部門にノミネートされた。

11日(現地時間)、「2021 MTV VMA」はMTV公式ホームページとSNSで各受賞部門とノミネートを発表し、SEVENTEENが6月18日にリリースした8thミニアルバム『Your Choice』のタイトル曲「Ready to love」で「Best K-pop」部門に初めて名を連ねる快挙を成し遂げた。

SEVENTEENがアメリカ音楽授賞式にノミネートされたのは今年4月のアメリカ3大授賞式の1つである「2021 Billboard Music Awards」で「Top Social Artist」部門にノミネートされたのに続き2度目だ。

SEVENTEENは今年、アメリカCBSの『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』、NBCの『ケリー・クラークソン・ショー』、アメリカのトーク番組『エレンの部屋』、『ジミー・キンメル・ライブ!』に相次いで出演した。華やかでありながら完璧なキレキレの群舞パフォーマンスが盛り込まれた完成度の高い舞台を披露し現地ファンはもちろん外信の高い関心と注目を集めた。

特にSEVENTEENはステージごとに曲の選定やコンセプト、スタイリングを変えて様々な魅力を披露しSEVENTEENであるからこそ可能なパフォーマンスで世界のファンの注目を集めK-POPパフォーマンスの代表格としての地位を確立した。

「2021MTV Video Music Awards」は9月12日(現地時間)にMTVチャンネルで生中継されSEVENTEENは今後、様々な活動でファンと会う予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-08-13 07:07:26