BLACKPINK 、「ミュージックステーション」に出演 8月20日放送


  • YGエンターテインメント

ガールグループBLACKPINKが日本を代表する音楽番組『ミュージックステーション』に出演する。

YGエンターテインメントによるとBLACKPINKは20日に放送されるテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演し、「Lovesick Girls-JP Ver.-」の舞台を飾る。また、最近日本で発売された『THE ALBUM』に関する話も交わす予定だ。

『ミュージックステーション』は日本で35年間高い人気を誇る看板音楽番組だ。日本で人気の高い海外ポップスターたちの必須コースとして知られている。

BLACKPINKの『ミュージックステーション』の出演は初のワールドツアーを成功させた2019年10月以降2回目となる。最近、音楽放送活動のなかった彼女たちが、どのような舞台で日本の視聴者を虜にするか注目を集めている。

BLACKPINKは『THE ALBUM-JP Ver』を3日に発売した。このアルバムは発売直後、オリコンデイリーアルバムランキング1位はもちろん、日本Apple Musicのトップアルバムチャートで首位を獲得した。

音源の記録もすごかった。アルバム全曲がLINE MUSICや日本iTunesなど主要音源チャートの上位圏に定着したのに続きAWAチャートでアルバム全曲が「トップ10」入りに成功し日本ファンたちの爆発的な関心を立証した。

また、BLACKPINKは昨年10月に発売した1stフルアルバム『THE ALBUM』で計130万枚以上の売り上げを記録しK-POPガールグループ初(HANTEO、GAONチャート集計基準)のミリオンセラーになった。

おかげで各種グローバルチャートを席巻した。『THE ALBUM』は計57か国のiTunesアルバムチャートで1位を達成しアメリカのビルボード200とイギリスのオフィシャルチャートで2位を記録しK-POPガールグループの最高順位を自ら更新した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-08-14 08:23:11