トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団の関連書籍を無断で制作、韓国地裁「出版禁止」

防弾少年団の関連書籍を無断で制作、韓国地裁「出版禁止」


  • 防弾少年団の関連書籍を無断で制作、韓国地裁「出版禁止」
  • スタートゥデイDB

HYBEが防弾少年団の写真、歌の歌詞などが含まれた書籍を出版した作家と出版社を相手取って仮処分申請を出して勝訴した。

14日、法曹界によるとソウル中央地裁民事合意60部(キム・チョンジュン部長判事)は防弾少年団の所属事務所のHYBEが有名放送作家のク・ジャヒョン氏とピッキドゥン出版社を相手取って出した図書出版禁止など仮処分申請を一部認容した。

ク・ジャヒョン氏が最近、防弾少年団の関連書籍を出版すると、HYBE側は「図書出版を禁止してほしい」と裁判所に訴訟を起こした。同地裁は判決理由について「防弾少年団の音源や映像などのコンテンツは債権者の「相当な投資や努力により作られた成果」と評価できるこれは誰もが自由に利用できる公共領域に属するとは言えない」と明らかにした。

また裁判部は同書籍4冊の販売価格が約19万ウォンと通常より高価を策定した理由は、防弾少年団の関連内容のためと見ている。また「事件の書籍などは債権者の防弾少年団の写真集より相対的に価格が低く需要者も一部重複している」とし「写真集の需要を代替する可能性も十分あり競争関係を認めることができる」と説明した。

裁判部は「不当競争行為禁止または予防措置として債務者に対して制作、販売の準備が完了したとみられるこの事件書籍の配布を禁止する必要性も疎明される」と仮処分申請を引用した。

ク・ジャヒョン氏は2018年『BTS、ようこそ防弾は初めてでしょ』というタイトルの本を書き、その後『BTS & BEATLES ブルーの愛が広がる頃』、『BTS 7』など防弾少年団の関連本を書いてきた。裁判所は、ク・ジャヒョンなどが過去にHYBEの成果を無断で使用して書籍を制作、販売した前歴が数回あることや審問期日にも出席せず特に答弁もしなかった点などを考慮すると仮処分の決定に従わない可能性があるとし間接強制を命令した。

ただ、HYBE側が要請した本の廃棄に対しては「本案事件判決前の仮処分決定段階で取り返しのつかない措置である廃棄を命令できない」と棄却した。

ク・ジャヒョン氏はこれに関しTV朝鮮とのインタビューで「『Music&Peace』は言論基本法に基づき登録許可を受けた定期刊行物」とし「防弾少年団が有名になる前から4年間にわたり単行本を書き、それを抜粋して70%の創作文と30%の写真で構成した」と説明した。

またこの著作物に添付された写真135枚については「(株)世界日報社と(株)gettyimagesKOREと契約を結び使用した合法的なイメージ」と主張した。さらに「収益のために出版するのではないため今後本の販売で発生する収益金の一部をHYBE側に提供する内容の民事調整を準備している」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-08-14 18:43:22