防弾少年団「Butter」がビルボード「HOT100」7位、12週目TOP10


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団(BTS)が「Butter」で米国ビルボードメインシングルチャート「HOT100」の7位にランクインした。

16日(現地時間)、米国ビルボード公式Twitterによると防弾少年団のデジタルシングル「Butter」は最新チャート(8月21日付)で7位を記録した。

今月の14日にチャートで4位にランクインした「Butter」は「HOT100」にランクインして12週目で7位になり、TOP10入りする底力を見せた。

6月5日付の「HOT100」チャートにランクインと同時に1位に直行した「Butter」は7週連続トップを維持し7月24日付のチャートで新曲「Permission to Dance」と1位をバトンタッチするという珍記録を打ち立てた。その後、7月31日にチャートで再び「Butter」で「HOT100」のトップに返り咲き8月7日にチャートで10週間首位を守った。

「Butter」は通算9週間1位となり今年の「HOT100」チャートで最も多く1位を獲得した曲だ。

防弾少年団は昨年「Dynamite」(3回)で韓国歌手初のビルボード「HOT100」の1位を取って以来、フィーチャリングに参加した「Savage Love」リミックスバージョン(1回)、アルバム『BE』のタイトル曲「Life Goes On」(1回)、「Butter」(9回)、「Permission to Dance」(1回)に至るまで、通算15回も「HOT100」の頂上に立った。

ビルボードで新たな歴史を書き下ろす防弾少年団は10か月2週間で5曲を「HOT100」の1位に押し上げ、1987~1988年のマイケル・ジャクソン(9か月2週間)以来の最短期間記録を打ち立てた。また、個人ではないグループとしては62年のビルボード史上、唯一「HOT100」チャートで「ホットショットデビュー」(チャート入りと同時に1位に直行)以降、7週間以上も1位を守っていたが自分たちの別の曲で「HOT100」1位をバトンタッチで達成する記録を残した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-08-17 07:58:26