元Blackswanのメンバー、グループ活動中に結婚 現在は離婚訴訟中


  • DRミュージック

Blackswan(RaNia)から脱退したヘミ(キム・ヘミ / 26)がグループ活動期間中に、すでに結婚をした状態だったことが明らかになり、さらに最近になって夫と離婚訴訟を行っていると伝えられた。

SBS芸能ニュースによると、30代の男性Aさんはヘミを相手に離婚訴状を提出した。ヘミは昨年6月にAさんと婚姻しており、今月初めに離婚訴訟が提起されるまで1年以上にわたり夫婦の関係を続けてきたことが分かった。

Aさんは訴訟で結婚生活の破綻の責任がヘミにあると主張していると伝えられた。

Aさん側の法律代理人は、あるメディアに「離婚訴訟中なのは事実だ」とし「(離婚訴訟と関連し)具体的な内容を申し上げるのは現時点で困難だ」と明らかにした。

ヘミの前所属事務所のDRミュージックのユン・ドゥンリョン代表も「ヘミとは専属契約が終了して連絡ができない状況」とし「ヘミの結婚と離婚の話は初めて聞く。その事実を知っていればBlackswanに参加することはなかっただろう。会社としてはヘミに損害賠償請求が可能な状況だ」と明らかにした。

ヘミは昨年11月、30代の会社員Bさんに詐欺の疑いで訴えられた。当時、Blackswan側はAさんから借りたお金は500万ウォンで、それ以外の金銭はAさんが自発的に提供したものだと主張して対立した。

以後、ヘミは自筆の謝罪文を公開して「私の個人的なことにより、メンバーたちまで被害を受け、心がとても重い」とし「契約満了により一般人に戻るが、遠くからでもメンバーを応援したい。これまで私を愛してくださったファンの皆さんと心配をおかけしたすべての方にもう一度心から申し訳ない」とチームを脱退した。

2015年、グループRaNiaとして歌謡界にデビューしたヘミは昨年、多国籍ガールグループBlackswanのメインボーカルとして1stアルバム『Goodbye RANIA』を発表している。ヘミは契約期間満了と共にチームを去った。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-17 14:44:25