「借金から返そう」金メダル獲得後に家族のグループチャットに送ったメッセージ


  • MKスポーツ

韓国体操代表のシン・ジェファン選手が2020東京オリンピック体操男子跳馬で金メダルを獲得した後、家族に「借金から返そう」という内容のメッセージを送ったことが明らかになった。

シン・ジェファンは25日、tvN『ユ・クイズ ON THE BLOCK』に出演、このように明らかにした。シン・ジェファンは「父がジムを運営しているが、コロナが拡散して経済的な打撃が大きかった。「メダルを取れば報奨金が出るから家の借金から返して楽に生きよう」と励ましたかったが、何を言っても見当違いの早とちりになりそうで話さなかった」と語った。

シン・ジェファンは続いて「金メダルを獲得して家族のグループチャットで「終わった。借金から返そう」とメッセージを送った」と明らかにして感動を与えた。

シン・ジェファンは2日、東京・有明体操競技場で開かれた東京五輪男子体操跳馬で1位になって金メダルを首にかけた。

シン・ジェファンは文化体育観光部から金メダルの褒賞金6300万ウォン(約630万円)を受け取り、1985年から韓国の体操を後援しているポスコグループからも報奨金2億ウォンを受けとる予定だ。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-26 07:53:18