キム・ジュンスのグラビアが公開 、「エクスカリバー」アーサーの再臨


  • GQ


  • GQ


  • GQ

ミュージカル『エクスカリバー』で熱演中のキム・ジュンスが一生保存したいビジュアルでファンを魅了した。26日、キム・ジュンスが登場したファッションマガジン『GQ』9月号の写真が公開された。

写真の中のキム・ジュンスは少年美あふれる清涼な姿から存在だけでもカリスマ性溢れるオーラを同時に表現した。清涼な魅力とカリスマ性が共存するキム・ジュンスの姿には王の宿命を持って生まれた少年アーサーの純粋さが描かれている。劇中で配役の感性を完璧に表現し100%シンクロ率を見せているキム・ジュンスの活躍に期待が高まる。

続いて公開されたキム・ジュンスのインタビューでは話題の「2020東京五輪」に関する軽い話から『エクスカリバー』初演と再演の違い、ミュージカル舞台に向けた彼の情熱などを垣間見ることができる。

元バレーボール選手の母親の下で成長したというキム・ジュンスは競技場の外の話が気になる選手として「バレーボール女帝」キム・ヨンギョンを挙げ「スランプに陥った時や本当につらかった時にどのように克服したのか聞いてみたい」という理由を付け加えた。

キム・ジュンスは今月17日、ミュージカル『エクスカリバー』第2シーズンの初公演でアーサー役を演じ成功的なスタートを切った。『エクスカリバー』は古代イギリスを背景に王の宿命を持つ人物が苦悩と混沌を乗り越えて成長していく姿を描いた作品で、キム・ジュンスが演じたアーサーは聖剣であるエクスカリバーを抜いても自分の運命を受け入れることができない平凡な人間としての苦悩を抱いた人物だ。

キム・ジュンスはアーサーについて「エクスカリバーを抜いて王になるしかない宿命を持っているが、むしろ平凡な人だ。自分の血統を知らないまま育ったが、その平凡さが彼を強くしている。大切な人たちと日常を守るためにどんどん強くなっていく」と紹介した。続いて「劇中で「平凡な人でもできるのか?」という台詞がある。平凡であるからこそ与えられたミッションをうまく乗り越えればより大きな結果を得られるということを見せてくれる」と作品のメッセージについて話した。

キム・ジュンスは『エクスカリバー』の2019年初演と今年の再演の違いについても言及した。彼は「キャラクターたちのストーリーがよく表れるようにいくつかの場面を加えたり外したりした」とし「アーサーの場合、神が選択した少年という点を強調するために宿命を持った彼が苦悩する姿に重点を置いた。

そのためアーサーが言いたいことが明確になった」と強調した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-08-26 09:18:29