カン・ドンウォン、香港映画原作の「アクシデント」出演を検討中


  • スタートゥデイDB

俳優カン・ドンウォンが映画『アクシデント』(仮題)への出演を肯定的に検討している。

カン・ドンウォンの所属事務所YGエンターテイメントの関係者は26日、毎日経済スタートゥデイに「カン・ドンウォンが『アクシデント』の出演提案を受けて肯定的に検討中だ」と明らかにした。

『アクシデント』は2009年の香港映画『アクシデント』(『意外』)を原作にした作品だ。キラーのブレインが事故に遭って、かろうじて命拾いした後、事故の背後を暴くべく周りのすべての人間を疑い、生き残るために苦労する話を描く。

カン・ドンウォンが出演を確定する場合、原作で香港スターのルイス・クーが引き受けたブレインのキャラクターを演じることになる見通しだ。

カン・ドンウォンは最近、是枝裕和監督の映画『ブローカー』の撮影を終えた。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-26 11:49:42