「ユミの細胞たち」特別出演SHINeeミンホのスチールが公開 キム・ゴンは内気な笑顔


  • TVING

『ユミの細胞たち』でキム・ゴウンにときめきが訪れる。

来る9月17日に公開されるドラマ『ユミの細胞たち』側は27日、職場の後輩ウギ(ミンホ)の前で内気な笑顔を浮かべるユミ(キム・ゴウン)の姿を公開した。ときめきを刺激するミンホの特別出演も期待を膨らませる。

この日公開された写真の中でユミとウギの関係が好奇心を刺激する。

パーティション越しにユミに近づいてきたウギ。笑顔だけで「胸キュン」を誘発する彼は魅力的なユミの後輩だ。そんなウギを意識しているようなユミの姿が興味深い。続く写真の中のウギを眺めるユミの顔にはときめきがいっぱいだ。そんな気持ちを知ってか知らずかウギは優しい目つきでユミに顔を向ける。ウギの微笑み攻撃を受けた細胞たちがどのような反応を見せるのかも気になるところ。

キム・ゴウンはユミを介して共感あふれる話を描いていく。平凡な会社員の標本ともいえるユミはロマンスなんてどこにもない退屈な日常に閉じ込められている。そんなユミに小さなときめきを抱かせる唯一の人物が会社の後輩であるウギだ。ビジュアルと同じくらい優しいウギは社内で一番の人気を誇る。出会うすべての人を虜にするウギがユミとどのように絡んでいくのか好奇心が刺激される。キャラクターにしっかりと溶け込んだミンホは自分だけの色を加えて「魅力的な男」ウギを完成させる。

ミンホは「ウェブ漫画で有名な作品が実写化されるという点でぜひ参加したかった」と所感を明らかにし、「ウギはユミにとっていつも力になる同僚で、つねに頑張って模範的であり、純粋な人物」とキャラクターの魅力を挙げた。続いて「かわいい細胞の活躍と俳優の方々の熱演、その調和を注意深く見ていただければ、より生き生きとドラマを楽しむことができそうだ。今秋『ユミの細胞たち』でヒーリングされることを望む」と期待を高めた。

シーズン制で制作される『ユミの細胞たち』は細胞と一緒に食べて恋して成長する平凡なユミの話を描いた細胞刺激共感ロマンスだ。

韓国ドラマでは初めて実写と3Dアニメーションを組み合わせた形式で制作された。『ショッピング王ルイ』『知ってるワイフ』などで感覚的な演出を披露したイ・サンヨプ監督がメガホンを取って完成度を担保する。ここに『アルハンブラ宮殿の思い出』『W-君と僕の世界-』など、独創的でしっかりとした筆力で信頼を集めるソン・ジェジョン作家がクリエイターとして参加し、『その男の記憶法』『二十歳』で大きな愛を受けたキム・ユンジュ作家と新鋭キム・ギョンラン作家が執筆を引き受けた。

『ユミの細胞たち』は来る9月17日(金)夜10時50分、韓国で公開される。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-27 09:08:30