LABOUMリーダーのユジョンがグループ脱退 SNSで直接伝える


  • スタートゥデイDB

グループLABOUMのリーダー、ユジョン(29、本名キム・ユジョン)がチームを脱退する。

ユジョンは8日、自身のインスタグラムを通じてLABOUM脱退の知らせを直接伝えた。ユジョンは「足掛け8年になった私たちは所属事務所との満7年の専属契約が満了を迎えた」とし「私と会社は今年3月から数カ月、十分な対話を交わし、会社と私はそれぞれの道を進むことを決定した」と明らかにした。

ユジョン「私を除いた残りのメンバーたちは再契約を締結して、チームの活動を続けていく」と他のメンバーたちの今後を伝えて「私は今回の7周年を最後にチームの活動を終えたい」とグループ脱退を発表した。

ユジョンは「LABOUMのリーダーとしての人生にはピリオドを打ち、これまでの多くの経験を感謝する気持ちで胸の奥深くに大切にして、より成熟した姿でまた新たな人生で、新しい挑戦で私は引き続き進む予定」とし「今後の私の活動もたくさん応援してほしい」と伝えた。

LABOUMは2014年にデビュー、今年で8年目を迎えたグループだ。最近、2016年に発売した曲「Journey To Atlantis」が注目を集めて大きな愛を受けた。

ユジョンの脱退により今後LABOUMはソルビン、へイン、ソヨン、ジエンの4人組へと再編された。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-08 09:05:59