キム・ゴウン主演ドラマ「ユミの細胞たち」160カ国で配信へ Rakuten Vikiなどと契約


  • TVING

韓国を代表するOTT「TVING」のオリジナルコンテンツがグローバル市場に本格進出する。

TVINGはオリジナルコンテンツ『ユミの細胞たち』が「Rakuten Viki」など海外プラットフォーム社とのコンテンツ販売契約を介してヨーロッパ、北米、東南アジアなど全世界160カ国以上にサービスされると8日、明らかにした。

TVINGオリジナル『ユミの細胞たち』は細胞と一緒に食べ、恋して、成長する平凡なユミの話を描いた細胞刺激共感ロマンスだ。『ショッピング王ルイ』、『知っているワイフ』などを通じて感覚的な演出を披露したイ・サンヨプ監督がメガホンを取った。

ここに『アルハンブラ宮殿の思い出』、『W-君と僕の世界-』など、独創的でしっかりとした筆力で信頼を集めるソン・ジェジョン作家がクリエイターとして参加し、『その男の記憶法』、『二十歳』で大きな愛を受けたキム・ユンジュ作家と新鋭キム・ギョンラン作家が執筆を引き受け、下半期最高の期待作に挙げられている。

韓国ドラマ初の実写と3Dアニメーションを組み合わせた新しいフォーマットのドラマ『ユミの細胞たち』の企画と制作はスタジオドラゴンが引き受けた。原作のウェブ漫画『ユミの細胞たち』(イ・ドンゴン)は細胞の擬人化という奇抜な想像力の上に日常を溶かし込んで、多くの人から人生最高の漫画に挙げられる作品だ。躍動感あふれる「細胞村」を誕生させるためにドリームチームが団結した。高いクオリティで注目されたアニメーション映画『白雪姫の赤い靴と7人のこびと』の制作会社LOCUSがアニメーション部分を引き受けて完成度を担保する。

『ユミの細胞たち』でドラマの企画と制作を担当したスタジオドラゴンのチョ・ムンジュCPは「グローバル人気作を執筆したソン・ジェジョン作家とレジェンドウェブ漫画の原作の出会いだけでも大きな期待を集めた作品」と紹介し、「ユミが生きている現実の世界とアニメーションで描かれる彼女の頭の中の細胞の世界が同時に表現され、共感と新鮮な楽しさを国内外の視聴者にお届けするだろう」と伝えた。

「Rakuten Viki」コンテンツ事業担当のホン・ジェヒ理事は「最近、Rakuten Vikiは『恋はチーズイン・ザ・トラップ』、『キム秘書はいったい、なぜ?』などの韓国のウェブ漫画やウェブ小説を脚色したドラマを多数ライセンス契約している」とし、「TVINGオリジナル『ユミの細胞たち』は特にドラマの特定の部分が3Dアニメーションで制作され、キャラクターやストーリーに新鮮な楽しさが加わるだろうという期待とともに、海外の視聴者にも人気を集めると予想される」と伝えた。

TIVINGのコンテンツ事業局のファン・ヘジョン局長は「今回の成果は今年の初めから様々なオリジナルコンテンツを披露し、コンテンツ投資を強化した結果」とし、「人気ウェブ漫画原作の『ユミの細胞たち』のように、今後も独創的で差別化されたオリジナルコンテンツを発掘し続けて、グローバル市場にKコンテンツの威力を知らせるために努力する」と明らかにした。

一方、ヨーロッパ、北米、東南アジアなど160余りの海外市場に進出した『ユミの細胞たち』は来る9月17日、韓国でTVINGとtvNを通じて初公開される。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-08 13:10:29