防弾少年団、「Permission to Dance」チャレンジバージョンのMV公開


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団がYouTube Shortsで行われた「Permission to Dance Challenge」バージョンのミュージックビデオを全世界に同時公開した。

防弾少年団は10日、YouTubeオリジナルミュージックショー『RELEASED』スペシャルエピソードに出演した。コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンが進行を務め、防弾少年団と「Permission to Dance Challenge」に関する話をはじめ世界的なミュージシャンとしての経験と感情を共有した。

防弾少年団はこの日、スペシャルエピソードで「Permission to Dance Challenge」の意味などを紹介した。クリス・マーティンは防弾少年団の「Permission to Dance Challenge」について「パンデミックの状況で多くの人々に喜びを与えたことに意味がある。容易ではない状況だが、皆さんに愛と尊敬の気持ちを感じる」と明らかにした。

「Permission to Dance Challenge」は防弾少年団のミュージックビデオ「Permission to Dance」に収録された「楽しい、踊る、平和」を意味する国際手話を活用した振り付けを誰もが自分のスタイルで15秒間のYouTube Shortsの動画にして公開する「グローバルダンスチャレンジ」として7月23日~8月14日に行われた。

防弾少年団はスペシャルエピソード『RELEASED』で「世界中から多くの方々が「Permission to Dance Challenge」に参加してくださった」とし「このチャレンジをしながら人々に肯定的なメッセージを送ろうという理由もあったが私たちも参加してくださった方々の姿を見ながら感謝の気持ちを感じ慰めと肯定的なエネルギーをもらった」と伝え世界中の人々との交感が与える感動を伝えた。

また、スペシャルエピソードでは「Permission to Dance Challenge」の一部参加者の映像や特別なストーリーも公開された。

防弾少年団とクリス・マーティンはアメリカ、イギリス、韓国、ロシア、インドなどでチャレンジに参加した人々のインタビュー映像を見ながら深い話を交わした。

「Permission to Dance」のYouTube Shortsチャレンジバージョンのミュージックビデオはこの日の午後1時に公開された。「Permission to Dance」の軽快なメロディーとともにチャレンジに参加した全世界の人々の個性あふれる姿が続く。

防弾少年団は「Permission to Dance」で1つになった世界中の人々のチャレンジ映像で新しいミュージックビデオを制作、再び世界中に肯定的なエネルギーを発信し「Permission to Dance Challenge」を美しく飾った。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-09-10 13:38:19