Stray Kids、10月13日に日本2ndシングルを発表


  • JYPエンターテインメント

グループStray Kidsが10月13日、日本でニューアルバムを発売し国内外での大活躍を続ける。

JYPエンターテインメントは9日の午後、Stray Kidsの日本公式ホームページとSNSチャンネルを通じ「Stray Kidsが10月13日にデビュー初のダブルタイトル曲をリリースした日本2ndシングル「Scars / ソリクン -Japanese ver.-」をリリースする」と発表した。

今回のアルバムにはダブルタイトル曲「Scars」と2ndフルアルバム『NOEASY』のタイトル曲「ソリクン」の日本語バージョンをはじめ「CALL」、「My Pace」の日本語バージョンまで計4曲が収録される。タイトル曲「Scars」はStray Kidsがこれまで注いできた努力、涙、汗を「Scars」(傷)で表現しパワフルながらも感動を与える曲だ。チーム内のプロデュースグループ3RACHAのバンチャン、チャンビン、ハンが作詞作曲に参加し「すでに多くの傷を抱えているが大きな夢を叶えるためにはもっと深い傷を刻まなければならない」という覚悟を歌詞に込めた。

3番トラックの「CALL」はまだ未練が残っている愛をポップなメロディーで表現し、「My Pace」の日本語バージョンは日本の主要OTTプラットホームABEMAの人気恋愛番組『虹とオオカミには騙されない』の主題歌選定を記念して今回のアルバムにボーナストラックとして収録し所蔵価値を加えた。一緒に公開されたフォトには黒い夜と荒々しく描いたグラフィティを背景に自由奔放で決意に満ちたメンバーたちの姿が映っていて視線を釘付けにした。

2020年3月18日にベストアルバム『SKZ2020』を発表し、日本で正式デビューしたStray Kidsは、該当のアルバムで日本最大のレコードショップタワーレコード(TOWER RECORDS)の2020年上半期チャート(2020.01.01~06.30)の中で「K-POP日本発売アルバムトップ10」でトップに立ち同年6月には、1stシングル「TOP」で発売初週オリコン週間シングルランキングで1位を達成し特別な存在感を示した。彼らは約1年4か月ぶりに発表するニューシングルアルバムとして「K-POP第4世代代表走者」の地位をさらに強固にし人気を高める予定だ。

Stray Kidsは8月23日に韓国で発表した2ndフルアルバム『NOEASY』で各種の珍記録を書き人気が高い。9日、GAONチャートを運営する韓国音楽コンテンツ協会によると、ニューアルバムは112万7800枚の販売高を記録しGAONチャートの8月の月間アルバムチャートのトップに立った。彼らはGAONチャートの2021年35週目と36週目の週間リテールアルバムチャート1位に連続ランクされたのに続き先月31日基準でGAONチャート累積販売量110万枚を突破し、JYPエンターテインメント初の「ミリオンセリングアーティスト」に選ばれた。

また新曲「ソリクン」で発売3週目にも冷めない人気を博している。9日に放送されたMnet『M COUNTDOWN』で2週連続1位を獲得し音楽番組6冠を達成したメンバーたちは「いつも僕たちと一緒にいてくれて 幸せなことだけをプレゼントしてくれるファンの方々に本当に感謝しています。

僕たちと一緒に夢を見て、その夢を実現してくれた全世界のSTAY(ファンクラブ名)に心から感謝しているし愛している」と感想を伝えた。

Stray Kidsはファンの熱烈な声援に応えるため公式SNSチャンネルを通じて2ndフルアルバムに関する多彩なコンテンツを披露している。3日に収録曲「The View」のビデオを公開し清涼感のあるサウンドと美しい風景を披露したのに続き、6日には新曲「ソリクン」のヴァンパイアバージョンの振り付け映像を公開しオンラインを盛り上げた。8日には収録曲「好きでごめん」のビデオを追加公開しファンに大きな喜びを伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-09-10 09:05:56