BLACKPINK、YouTube登録者数がジャスティン・ビーバー超え アーティスト1位


  • YGエンターテイメント

BLACKPINKがポップスターのジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)を超えた。

YGエンターテイメントによると、BLACKPINKの公式YouTubeチャンネル登録者数は10日午後2時42分頃、6520万人を突破し、全世界の男女アーティストをあわせてこの分野で1位になった。

2016年6月28日にBLACKPINKのチャンネルが開設されてから約5年3カ月にしての記録だ。これまでアーティスト1位だったジャスティン・ビーバーのYouTubeチャンネルが開設から約14年9カ月である点を考えると、BLACKPINKの勢いを知ることができる。

BLACKPINKは「信じられない。BLINK(ファンクラブ)が作ってくれた奇跡のような瞬間だ」とし「私達を常に愛して支えてくれる全世界のファンの方々に栄光を返したい」とファンに感謝した。

続いて「ファンの方々と私たちが一緒に成し遂げた結果であるだけに、BLINKもこの喜びをそのまま味わってほしい。これからも良い音楽と映像を通じてポジティブなエネルギーを届けるアーティストになる」と伝えた。

BLACKPINKは2020年7月、非英語圏のアーティストとしては初めて「YouTubeチャンネル登録者トップ5」に入り、期待を高めた。以後、BLACKPINKはアリアナ・グランデ、エミネム、エド・シーラン、マシュメロを順番に追い越した。

YouTubeの登録者数はコンテンツへの単純好奇心や一回性の視聴ではなく忠誠心の高いファンの安定した関心と愛を示す証票だ。

BLACKPINKは毎回新曲を発表するたびに数百万人の登録者数を追加で確保し、ついに新しい歴史を作った。今回もリサのソロアルバムが今日(10日)発表され、爆発的な登録者数の増加の推移を見せ、強大な影響力を確認させた。

全部で29本の1億回以上の再生回数を誇る映像を保有しているBLACKPINKのYouTube内の活躍はまさに独歩的だ。今ではYouTubeでの再生回数合計200億回という象徴的な数値を目前にしている。

2018年の最初のミニアルバム『SQUARE UP』のタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオは再生回数が16億回を突破し、他にも「Kill This Love」、「BOOMBAYAH」、「AS IF IT'S YOUR LAST」のミュージックビデオが10億回を超えている。

一方、リサのソロ曲「LALISA」のミュージックビデオはこの日の昼1時に公開されてから約90分で1000万回を超えた。リサのアルバムは予約販売期間中の先行注文が80万枚を記録し、K-POP女性ソロアーティスト歴代最高の成果を予告している。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-10 16:05:13