「私は一人で暮らす」キム・ヨンギョンの活躍で視聴率が11.7%に上昇


  • 「私は一人で暮らす」放送画面キャプチャ

『私は一人で暮らす』に2020東京五輪女子バレーボールの「ベスト4神話」の主役、キム・ヨンギョンとキム・スジ、ヤン・ヒョジン、キム・ヒジンが出演し大爆笑のコンビネーションと楽しい話を披露した。4人はどこでも公開されたことのない東京五輪の秘話を直接公開して感動を与え、これに『私は一人で暮らす』は最高視聴率13%を記録した。

10日に放送されたMBC『私は一人で暮らす』(演出:ホ・ハン、キム・ジウ)では「バレーボール女帝」のキム・ヨンギョンとキム・スジ、ヤン・ヒョジン、キム・ヒジンの慌ただしい初歩キャンプ旅行記が公開された。

11日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると前日放送された『私は一人で暮らす』は首都圏基準視聴率11.7%を記録した。広告関係者たちの主要指標でありチャンネルの競争力を計る重要指標である20~49歳の視聴率は7.5%(首都圏基準)を記録し金曜日のバラエティ番組のうちトップとなった。

最高の1分は「キム・ヨンギョンと国家代表メンバーの韓牛炭火焼き食レポ準備シーン」で13%(世帯基準)を記録し視聴者の食欲を刺激した。

久しぶりにスタジオに登場したキム・ヨンギョンは広告を撮る時間さえないと東京五輪以後変わった日常を公開した。続いて「(前回の)出演後、知名度が上がりバレーボールブームが起きた。そういうわけで『私は一人で暮らす』に愛情がわく」と東京五輪後初のバラエティ出演で『私は一人で暮らす』を選んだ理由を明らかにしレギュラーメンバーを感動させた。

まずキム・ヨンギョンはサスペンダーファッションでおしゃれをしキム・スジ、ヤン・ヒョジン、キム・ヒジンと共に初めてのキャンプに出かけた。車に乗って移動しながらも「本物の友情」を披露した4人組。試合のため結婚後まだ新婚旅行にも行けなかったというヤン・ヒョジンの愚痴に末っ子のキム・ヒジンは「今は私たち3人が一番心配だ。60代の新婚旅行も考えられる」とセルフディスしキム・ヨンギョンは自分は非婚主義者だと一線を画した。

しかしスタジオに出演したキム・ヨンギョンは「結婚に関する質問が多くなるので非婚主義者だと言った」とし「良い人がいればいつでも」と結婚に対する思いを表した。また新型コロナウイルスのため人と出会うことが難しい状況であることを強調するキム・ヨンギョンと激しく同意するキム・スジに、末っ子のキム・ヒジンは「付き合う人は(それでも)皆会っていた」とし、独身の先輩たちを怒らせる発言で明るい末っ子ぶりを披露した。

また防弾少年団の大ファンだというキム・スジは紫色の衣装に防弾少年団の振り付けまでマスターした姿で、かわいい魅力を発散した。末っ子のキム・ヒジンは「鎭川Ailee」であることを照れくさそうに告白しキャンプ場に向かう車の中をカラオケで盛り上げた。キム・ヨンギョンと国家代表メンバーは、合唱とおしゃべり、テンションが高い大学生のMTの雰囲気の中でキャンプ場に到着したが、すぐに難関に直面した。

コートの上では高い壁の実力を持つ国家代表だが、キャンプ場ではミスを連発する初心者のキャンプラーだった。テント張りと焚火のセッティングからパニック状態に陥り結局、この区域の万能解決者である社長が登場した。ドタバタの苦労の末にキャンプの雰囲気を完成させた国家代表メンバーのために、キム・ヨンギョンはきつい労働を慰めるマッコリを持ってきて笑いを誘った。

キャンプ場で繰り広げられる国家代表メンバーとキム・ヨンギョンの話術と親密なコンビネーションは見逃せないポイントだった。ヤン・ヒョジンはキャプテンのキム・ヨンギョンの長く続く小言を暴露する一方「老年に一言、言ってやってみるつもり」と遠小心な反抗を予告したりした。案の定、ヤン・ヒョジンの料理のスピードが遅いと小言を言っていたキム・ヨンギョンはヤン・ヒョジンの夫に電話しもどかしさを伝えた。しかし新婚の愛妻家の反応に嫌気がさし急に態度を変えて周りを爆笑させた。

小言が得意な彼女だが、誰よりもチームのことを気遣うキャプテンのキム・ヨンギョン。鉄板前のキャプテンになって直接韓牛を焼いて国家代表メンバーに食べさせるとともにキムチチゲを作って料理の実力を自慢したりもした。

また、2020東京五輪の初予選試合当時、緊張して硬直していた選手たちに「五輪旗を見るな」と声をかけ緊張をほぐすために努力し危機をさらに輝かせたキム・ヨンギョンの秘話も公開された。今回の東京五輪を最後に国家代表を引退したキム・ヨンギョン。もう自分の小言を聞くことはないというキム・ヨンギョンの言葉に、末っ子のキム・ヒジンは「小言が少し懐かしくなりそうだ」と心を伝えた。

続いてバレーボール強国と相次いで試合を行った予選からベスト4までの試合を振り返った。特に記憶に残る試合として世界4位のトルコとの8強試合と宿命のライバル日本との韓日戦を選んだりもした。またキム・ヨンギョンと国家代表メンバーは「ブラジルとの準決勝の敗北後、ラバリーニ監督の言葉に込み上げてきた「お前たちは、お前たちにできるベストを尽くした。韓国に帰ったら君たちがやり遂げたことがどれほど偉大なことか実感できるだろう」というラバリーニ監督の感動発言を明らかにした。

続いて「監督がいなかったらここまでやれただろう」と泣き出し「最後の試合を終えた瞬間が忘れられない」、「すべて写真のように残っている」と一緒に泣き笑いした東京五輪のドラマのような思い出を話し視聴者の胸を熱くさせた。

放送末の予告編では渓谷で悲壮な表情でバレーボールの真剣勝負を繰り広げる国家代表メンバーとキム・ヨンギョンのプロらしい姿が捉えられ期待を高めている。続いて新作品を準備中の俳優ナムグン・ミンの日常が予告され次回に対する期待感を高めた。

『私は一人で暮らす』は一人暮らしのスターたちの多彩な虹のライフを披露するシングルライフ・トレンドリーダープログラムとして多くの人々に愛されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-09-11 09:05:55