故オ・インヘさん、きょう一周忌 36歳の若さで他界


  • スタートゥデイDB

故オ・インヘさんがこの世を去ってから1年が経った。

故人は2020年9月14日に死去した。享年36歳。

オ・インヘさんは2020年9月14日午前、仁川(インチョン)松島国際都市の自宅で心停止状態で友人に発見され病院に運ばれたが、午後に死亡判定を受けた。応急処置を受けて近くの病院に運ばれ、一時的に呼吸と脈拍を取り戻したが、意識を回復できず息を引き取った。

警察はオ・インヘさんの自宅周辺の監視カメラ、出入状況の確認などを介して他殺が疑われる点がないと把握、故人が自ら命を絶ったものと判断した。しかし、正確な死因を確認するため解剖を行った。解剖の結果、自死という所見が認められ捜査は終結された。

2011年の映画『私の隣の殺人者』でデビューしたオ・インヘさんはその年に公開された映画『赤いバカンス、黒いウェディング』で大衆に顔を知らせた。 2011年には釜山国際映画祭で破格の露出ドレスを着用して話題を集め、映画『マスタークラスの散歩』(2013)、『いきいき活発』(2013)、『お願いタクシー』(2013)、『君に泳げ!』(2013) 、『設計』(2014)などで活躍した。

スクリーンを主舞台として活躍したが、オ・インヘさんはドラマ『馬医』(2012年)などを通じてドラマ視聴者と出会い、バラエティ番組『私だけ抜いて恋愛中』(2017)、『オ・インヘのシックレット』(2018)などでも活動をつづけた。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-14 06:01:02